LoginSignup
16
5

More than 3 years have passed since last update.

CSS の縦書きで数字が横向きになってイライラしたら

Last updated at Posted at 2020-12-05

text-combine-upright: all;

真っ直ぐ立てるように道を示してやりましょう。

<div>デーモン小暮閣下の生年月日は紀元前<span>98038</span><span>11</span><span>10</span></div>
div {
  writing-mode: vertical-rl;
}
span {
  text-combine-upright: all;
}
😡 🤗
image.png image.png

text-combine-upright プロパティ

一文字分(1em)の空間に挿入する文字の組み合わせを定義する事ができます。
値には none(初期値) / all / digits <integer>? を入れる事ができますが、digits <integer>?はモダンブラウザではサポートされていません。

今回は<span>タグにtext-combine-upright: all;を指定したため、<span></span>で囲まれたテキストを1em分の空間に縦向きに収める事ができました。
デーモン閣下もにっこりですね🤗

青空文庫を縦書きで読みたい

だって日本人だから!

www.aozora.gr.jp_cards_001265_files_46817_24670.html (1).png
引用: https://www.aozora.gr.jp/cards/001265/files/46817_24670.html

body {
  writing-mode: vertical-rl;
}

www.aozora.gr.jp_cards_001265_files_46817_24670.html (3).png

www.aozora.gr.jp_cards_001265_files_46817_24670.html (6).png
おとなってやっぱり変だ😡
半角英数を span 囲んで text-combine-upright: all; 😡😡😡

<span class="caption">〈しょうわくせい<span class=“otachinasai”>B612</span>の王子くん。〉</span><br>
<br>
 といっても、大げさにいうほどのことでもない。ごぞんじのとおり、ちきゅう、もくせい、かせい、きんせいみたいに名まえのある大きな星のほかに、ぼうえんきょうでもたまにしか見えないちいさなものも、なん<span class="otachinasai">10000</span>ばいとある。たとえばそういったものがひとつ、星はかせに見つかると、ばんごうでよばれることになる。〈しょうわくせい<span class="otachinasai">325</span>〉というかんじで。<br>
 ちゃんとしたわけがあって、王子くんおすまいの星は、しょうわくせい<span class="otachinasai">B612</span>だと、ぼくはおもう。前にも、<span class="otachinasai">1909</span>年に、ぼうえんきょうをのぞいていたトルコの星はかせが、その星を見つけている。
.otachinasai {
   text-combine-upright: all;
}

www.aozora.gr.jp_cards_001265_files_46817_24670.html (11).png
違う、そうじゃない🙃

<span class="caption">〈しょうわくせい<span class="otachinasai">B</span><span class="otachinasai">6</span><span class="otachinasai">1</span><span class="otachinasai">2</span>の王子くん。〉</span><br>
<br>
 といっても、大げさにいうほどのことでもない。ごぞんじのとおり、ちきゅう、もくせい、かせい、きんせいみたいに名まえのある大きな星のほかに、ぼうえんきょうでもたまにしか見えないちいさなものも、なん<span class="otachinasai">1</span><span class="otachinasai">0</span><span class="otachinasai">0</span><span class="otachinasai">0</span><span class="otachinasai">0</span>ばいとある。たとえばそういったものがひとつ、星はかせに見つかると、ばんごうでよばれることになる。〈しょうわくせい<span class="otachinasai">3</span><span class="otachinasai">2</span><span class="otachinasai">5</span>〉というかんじで。<br>
 ちゃんとしたわけがあって、王子くんおすまいの星は、しょうわくせい<span class="otachinasai">B</span><span class="otachinasai">6</span><span class="otachinasai">1</span><span class="otachinasai">2</span>だと、ぼくはおもう。前にも、<span class="otachinasai">1</span><span class="otachinasai">9</span><span class="otachinasai">0</span><span class="otachinasai">9</span>年に、ぼうえんきょうをのぞいていたトルコの星はかせが、その星を見つけている。
.otachinasai {
   text-combine-upright: all;
}

www.aozora.gr.jp_cards_001265_files_46817_24670.html (10).png

一つ一つ丁寧に<span>タグで囲みました。
でも流石に全部をいちいち囲むなんてやっていられない😡

text-orientation プロパティ

行内のテキストの向きが設定できるプロパティです。
IE11には対応していないため、IE11を使用している場合はIE11を使用するのはやめましょう。
text-orientation: upright;を使用すると、縦書きの際に横書きのみの文字(今回だと半角英数)を正立に配置してくれます。

<span class="caption">〈しょうわくせいB612の王子くん。〉</span><br>
<br>
 といっても、大げさにいうほどのことでもない。ごぞんじのとおり、ちきゅう、もくせい、かせい、きんせいみたいに名まえのある大きな星のほかに、ぼうえんきょうでもたまにしか見えないちいさなものも、なん10000ばいとある。たとえばそういったものがひとつ、星はかせに見つかると、ばんごうでよばれることになる。〈しょうわくせい325〉というかんじで。<br>
 ちゃんとしたわけがあって、王子くんおすまいの星は、しょうわくせいB612だと、ぼくはおもう。前にも、1909年に、ぼうえんきょうをのぞいていたトルコの星はかせが、その星を見つけている。

body {
  writing-mode: vertical-rl;
  text-orientation: upright;
}

www.aozora.gr.jp_cards_001265_files_46817_24670.html (12).png

簡単に一文字ずつ縦向きできたので、これで心安らかにして読めますね🤗

参考

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/CSS/text-combine-upright
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/CSS/text-orientation

16
5
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
16
5