Help us understand the problem. What is going on with this article?

Node.jsが必要なSublimeTextのプラグインで、Node.jsのパスが変わってしまったときの対処法

More than 3 years have passed since last update.

Node.jsの管理を、公式サイトのインストーラーからnodebrewに変更したときに、Node.jsのパスが変わってしまったため、SublimeTextのプラグイン「CSScomb」と「Autoprefixer」が使えなくなってしまいました。

パスを通し直せば解決する問題ですが、各プラグインで設定方法が異なったので、メモしておきます。

注:こちらは、以下の環境での設定です。
+ Mac OSX 10.10.5
+ Sublime Text3 Build 3083

Node.jsのパスを調べる

ターミナルを開き、

$ which node

と入力し実行すると、次の行に現在のNode.jsのパスが表示されます。
私の環境では、以下のような結果が表示されました。

/Users/ユーザー名/.nodebrew/current/bin/node

Node.jsの正しいパスが判明したので、こちらを各プラグインに反映させていきます。

CSScombの場合

SublimeTextを起動し、

Preferences → Package Settings → CSScomb → Settings-default

を開きます。

4行目の

"node-path" : ":/usr/local/bin",

が、Node.jsのパスですので、こちらを先ほど取得した正しいパスに変更して保存すればOKです。

Settings-defaultを変更したくなければ、

Preferences → Package Settings → CSScomb → Settings-User

に追加しても良いでしょう。

Autoprefixerの場合

「CSScomb」と同じようにSettings-defaultに記入してみましたが、「Autoprefixer」ではパスが通らなかったので、こちらはファイル本体を修正しました。

/Users/ユーザ名/Library/Application Support/Sublime Text 3/Packages/Autoprefixer/node_bridge.py

上記ファイルをテキストエディタで開き、14行目にある、

env['PATH'] += ':/usr/local/bin'

こちらを取得したパスに書き換え、保存します。

SublimeTextを再起動させると、パスが反映されます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした