コミュニケーション
新人プログラマ応援

人から認められるエンジニアの仕事術。

春ですね。
新人エンジニアの皆さん、新しい環境はどうですか?楽しいですか?

つらいですか?

同僚や上司、取引先とうまくコミュニケーションが取れずに、悩んでいませんか?
皆通る道なので、大丈夫です。

とはいえ、つらいことは早く終わらせたいですよね。

まだまだ未熟なぼくですが、それでも社会に出て10年が経ちました。
10年間、いろいろな人達と仕事してきました。

この10年で見えてきた、「人から認められるコツ」ってのを、エンジニア目線で書いてみようと思います。

少しでも、あなたの人生のお役に立てれば、これ幸いです。

「自分は頑張ってる!」だけでは、認められない。

仕事は結果がすべてです。結果なき過程は、誰にも認められません。
なので、「頑張っていること」だけを評価してもらうのは、諦めましょう。

夜遅くまでコーディングしていても、締め切りに遅れたら、評価は0です。
下手すると、マイナスです。

他人は、自分が思っている以上に、自分のことを見ていません。
何かしらの「結果」が出たとき、初めて他人は、その人の「過程」に注目するものなのです。

あ、家族や友人、恋人は見てくれるかもしれませんよ?
でも、それは仕事ではないのです。

ところで、「結果」とは、なんでしょう?

仕事で「結果」というと、「売上」とか「業績」っぽいですよね。
でも、新人にそんな「結果」を出すことは、なかなか難しいと思います。

じゃあ、別の「結果」を出して、認めてもらいましょう。

相手が欲しいものを与える

相手がほしいものを提供すれば、相手はよろこびますよね。
それが、「結果」です。

「売上」も「業績」も、実は同じです。
会社がほしいものは、「売上」や「業績」ですよね。
だから、会社がほしいそれらを提供できた人は、評価され、認められます。

相手が欲しいものを、想像しましょう。
忖度しましょう。

同僚や上司、取引先は、あなたに何を求めていますか?
相手が欲しい電話・メール・資料を、相手が欲しい内容で、相手が欲しいときに提供しましょう。

「新人は、元気が一番だ!」なんて上司がいたら、大きな声で挨拶するだけで、それは「結果」になります。

エンジニアでいえば、たとえば、なにか技術的なミスが発生してしまったとき。
以下の2名に、状況説明のメールを出すとします。

  • コードが読める上司
  • コードがわからないクライアント

コードが読める上司には、再発防止のために、技術的な詳細を説明するべきでしょう。

でも、コードがわからないクライアントに、サーバーの設定や、使っているライブラリのバージョンを伝えても、混乱してしまう可能性が高そうです。

まずは誠意をもって謝罪して、技術的な説明は抽象度をあえて高めにし、復旧までのスケジュールを詳細に伝えたほうが、安心してくれるかもしれません。

すぐには認められない

結果をひとつ、ふたつ出したところで、残念ながらすぐには認められません。

ぼくは、仕事はポイント制だと思っています。

結果を出せば出すほど、お仕事ポイントが溜まります。
逆に、ミスをすると、お仕事ポイントが減ります。

たくさんお仕事ポイントを持っている人は、たくさん結果を出した人なので、認められます。
失敗しても、たくさんポイントを持っているので、すぐには信用を失いません。

ちなみに、お仕事ポイントが少ない新人がミスしたとき、誰が不足分のお仕事ポイントを支払っているかがわかると、ポイントが溜まりやすくなります。

大切なのは想像力

当たり前ですが、同じ思考回路や感情をもつ人間は存在しません。
また、同じ人間でも、環境によって考えることは変わります。

明るい人、暗い人、偉そうな人、腰が低い人、うるさい人、静かな人。
眠いとき、満腹のとき、元気なとき、落ち込んでるとき、寒い時、イライラしてるとき。

その時々で、想定される事象を、想像できる限り出してみてください。
その中から、相手が一番欲しがるものを、提供してください。
「こうしたら、こうなる?」の数だけ、強くなれます。

強い人は、結果がでます。
結果が出ると、認められます。

まとめ

  • 過程は評価されない。結果がすべて。
  • 相手が欲しいものを与える。
  • お仕事ポイントを貯める。
  • 「こうしたら、こうなる?」をたくさん出す。

おまけ「自分の意見を通すエンジニアの仕事術」

基本は、「10我慢して、1通す」です。
我慢の数は、お仕事ポイントが増えると、減ります。