Go
環境構築

Goの開発環境構築

More than 1 year has passed since last update.


環境

Mac High Serrie 10.13.3

fish


手順1:Goのインストール

$ brew install go

GoのインストールパスのことをGOROOTという。

GOROOTは

$ go env GOROOT

で取得できる。


手順2:$PATHを通す

コマンドを実行するときにフルパスを入れずに済むように$PATHを通す。

bash、zeshとかだと設定ファイル(zeshrcとか)に以下を追加すればいい。

export GOPATH=$HOME/dev(←ワークスペースにしたい場所)

export PATH=$PATH:$GOPATH/bin

fishを使っている場合は~/.config/fish/config.fishに以下を追加する。

set -x GOPATH $HOME/dev

set -x PATH $PATH $GOPATH/bin

ここまででgoの開発環境構築は完了。

ここから先はもっと便利にする観点。


手順3:goreをインストール

goreはGoの代表的なREPL。対話的にプログラムを実行し、評価を出力することができる。

$ go get github.com/motemen/gore

goreがインストールされているか確認するために実行してみる。

$gore autoimport

gore version 0.3.0 :help for help
gore> fmt.Println("Hello world")
Hello world
12
<nil>
gore>

goreを終了するためにはCtrl + d

他の便利なパッケージ


  • gocode (github.com/nsf/gocode)

  • pp (github.com/k0kubun/pp)

  • godoc (golang.org/x/tools/cmd/godoc)