Mac
python3
VisualStudioCode
iRidgeDay 12

iOSエンジニアによるPython3入門(環境整備編)

環境整備済みの人向け

Python3の環境が整っている人には、iOSエンジニアによるPython3入門(文法編)も書いているので良かったら読んで頂きたい。

背景

fastlaneにはrubyが使われてるし、gybにはPython使われてるし…。より深く理解や学習しようとした時に、Objective-CやSwiftだけでは完結できなくなってきるので、以前から興味のあったPythonを学びつつ活かしていこう画策した。

macOSならデフォルトでPython2系は入っているが、今からなら最新のPython3を選ばない理由はないと思うので、macOSかつPython3を基準で記載していく。

Python3導入

  1. brewが入っていない人は、下記を参考に導入
    Homebrew macOS 用パッケージマネージャー

  2. brew install python3を打つ

  3. python3 --version で Python 3.6.3(2017/12/12現在)と表示されたのでちゃんと入っていること確認。

GUI環境の整備

ターミナルで、pyhton3を打ってコマンドライン環境でやるのもありだけど、iOSエンジニアとしてはGUI環境に慣れすぎてコマンドベースにはツラみがある。

なのでVisual Studio Codeを使って、Python環境を整える。

Visual Studio Codeのセットアップ

Pythonのデバッグ環境等のインストール
  1. サイトからダウンロード、解凍、アプリケーションフォルダに入れる、起動
  2. 赤い箇所のアイコンをクリックして拡張機能を開く
    Kobito.LPk9w0.png

  3. 拡張機能の検索欄にpythonと入力
    Kobito.9kwSGD.png

  4. だいたい1番上に出てくる "Linting, Debugging..."と表示されている機能をインストール
    Kobito.1AezSy.png

Visual Studio CodeでのPythonをPython3がデフォルトになるよう設定
  1. 左下のアイコンから設定を開く
    Kobito.pI5rU0.png

  2. 右側のカラムの{}の間に"python.pythonPath": "python3"と記述する
    Kobito.w0i6nO.png

ターミナルからcodeと打ってVisual Studio Codeを起動するように設定
  1. Shift(⇧) + Cmd(⌘) + P を入力またアプリケーションメニューからコマンドパレットを選択して開く
    Kobito.jc5S63.png

  2. コマンドパレットの入力欄に shell と入力し、”シェルコマンド:PATH内に'code'コマンドをインストールします” を選択 (アンインストールの項目のほうが先に表示されているので注意)
    Kobito.uIZ84T.png

  3. インストール完了後、ターミナルを起動してcodeと打ってVisual Studio Codeが起動することを確認

これでVisual Studio Codeの導入も完了。

Pythonファイルがあるディレクトリで、ターミナルからcode .とかcode hoge.pyと打つことで、Visual Studio Codeでプロジェクトやファイルを開いてくれる。