Help us understand the problem. What is going on with this article?

ファイル形式 Structured Text と Lotus 1-2-3 (.wk4) のデータ構造

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

Lotus Notes のデータ書き出しと呼び出し(読み込み)で使用される「ファイルの種類」のうち2種のデータ構造(ファイルフォーマット)を少々まとめてみました。

データ構造

Structured Text

ノーツからのデータ書き出し時に、文字コード(日本語版は「デフォルト文字セット」にすると SHIFT JIS)と文書の区切り(「用紙送り」は、文字コード 12 (0x0C))を指定できます。基本的に可読テキストになり、メモ帳などで読めます。

(例)
Address: 東京都新宿区新宿1-1-1 新宿レジデンス101
Name: 山田 一郎
DepName: 営業

Address: 東京都豊島区池袋1-1-1
Name: 山田 華子
DepName: 総務,経理

文書構造

文書の各フィールドデータが1行 (0x0D0A 区切り) ずつ連続して出力され、改行+文書の区切り(書き出し時に指定。既定では 0x0C)+改行、で文書が区切られます。ファイルの末尾(これ以上文書がない)には、さらに改行が入ります。ビューから書き出した場合、ビューの列ではなく、ビューに表示されている(または選択した)文書のフィールドデータが出力されます。

文書区切り

<値> 0D 0A 0D 0A 0C 0D 0A <次の文書のフィールド名>

ファイルの最後

<値> 0D 0A 0D 0A 0C 0D 0A 0D 0A

フィールド構造

1フィールドは次のような1行(0x0D0A 区切り)の構造です。複数値の場合は区切り文字(カンマなら0x2C)、文字列の改行は 0x00 です。データ型情報はなく、対応するフィールドの属性によって解釈されるようです。

<フィールド名> + 0x3A + 0x20 + 0x20 + <値> + 0x0D + 0x0A

ちなみに値が空の場合は

<フィールド名> + 0x3A + 0x20 + 0x20 + 0x0D + 0x0A

になります。

Lotus 1-2-3 (.wk4)

Lotus 1-2-3 を使っておられたことがある方は、PC98世代の方でしょうか...Lotus 1-2-3 は、Windows や Excel が流行する前の代表的な表計算ソフトで、グラフを描画できマクロも使えたらしく Excel の元祖のようなもののようです。.wk4 形式のファイルは、この Lotus 1-2-3 の保存ファイル形式のひとつです。
こちらに情報があります (Many thanks!!)

IBM 公式ページ にも、ほんの少し紹介があります。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした