Help us understand the problem. What is going on with this article?

Dialogflow + Slack

More than 1 year has passed since last update.

DialogDlowとSlackの連携方法について。
手順としてはチュートリアル的に実施すれば簡単に出来ます。

チャットボット作成

Dialogflow

https://console.dialogflow.com へアクセスします

Create Agent

まず初めにエージェントを作成します

dialogflow_01.png

  • CREATE AGENT をクリック

dialogflow_02.png

  • エージェントの名前を入力
  • デフォルトの言語を選択(今回は japanease- - jp を選択)
  • CREATE をクリック

Slackと連携

今回はSlack連携だけを目指すので、中身についてはデフォルトのサンプルを利用します。

Dialogflow

Integration

dialogflow_03.png

  • 左のメニューから Integration をクリック
  • Integrationではいくつかの連携ができることがわかりますが、今回は Web demo、とSlackについて

Web Demo

dialogflow_04.png

  • Web demo のスイッチをONにする
  • ダイアログに表示されているリンクをクリック

上記だけでチャットボットの確認をすることは可能ですが、コンソール下部のコードをHTMLに埋め込むことでもチャットボットの確認は可能です。
「やあ」と入力すると「こんにちは!」と返すことが確認できます。

Slack

dialogflow_05.png

  • Slack のスイッチをONにする
  • TEST IN SLACK をクリック
  • Slack間との認証を行うため、Slack側のダイアログが表示されるので authorize をクリック
  • Launchの Slack app をクリックしSlackAPIを作成(アプリ名とワークスペースを入力しCreate appをクリック)
  • 作成したSlackAPIのアプリのCredentialsの情報を、Dialogflowに以下の設定を入力
    • Client ID
    • Client Secret
    • Verification Token
  • START をクリック

Slack

これで一応Slack間との連携は可能です。
Slackから Dialogflow のボットを呼び出してみてください。
以下は、Web demo同様に「やあ」と呼び出しています。

dialogflow_06.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした