Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS EC2でデスクトップ環境をつくる ~ Ubuntu Server 18.04 LTS GNOME編~

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

作業環境が結構、異なるのでクラウド上に環境を作ってみます。
AWS Cloud9も良いのですがこの話はまたいつか。
結論から書くと意外とイケてる。。。ような気がする:laughing:
ただ、AMI作って再利用すると失敗する。。。

前提条件

本記事は以下の環境等を使用しております。

クライアント環境 Version
Windows 7(64bit), 8(64bit), 10(64bit)
Remote Desktop -
クライアント環境 Version
Mac Yosemite, High Sierra
Microsoft Remote Desktop 8, 10
ターゲット環境 Version
Amazon EC2 Ubuntu Server 18.04 LTS
Terminal 使いやすいもの

EC2インスタンスの準備

重要な点のみ記載してます

OSはUbuntu Server 18.04 LTSを指定
aws-ec2-lxde-001.JPG
メモリは4GB位あると良いので、t2.mediumぐらいを選択
※無料範囲ではないので使用しない時は停止することを推奨します
aws-ec2-lxde-002.JPG
パブリックIPは念のために有効化を選択
aws-ec2-lxde-003.JPG
EBSは20GB以上を設定、ここでは30GBとしています
aws-ec2-lxde-004.JPG
見分けが付くようにタグ(Name)を設定
aws-ec2-lxde-005.JPG
IP制限を設定する場合は赤枠を変更
aws-ec2-lxde-006.JPG
必要に応じて新規もしくは既存のキーペアを設定
秘密鍵は必ず保存しておいてください
aws-ec2-lxde-007.JPG
リモートデスクトップの接続先アドレスには赤枠のアドレスを使用します
aws-ec2-lxde-008.JPG

EC2インスタンスの設定

インスタンスを作成後、SSHにてインスタンスへ接続します。

terminal
$ ssh -i <秘密鍵> ubuntu@<PublicIP>

リポジトリとパッケージの更新

terminal
$ sudo apt update -y
$ sudo apt upgrade -y

※Grub関係なので今のバージョンを維持します
「keep the local version currently installed」を選択
aws-ec2-lxde-009.JPG

デスクトップ用ユーザーの作成

terminal
$ sudo adduser user_name

Enter new UNIX password: 
Retype new UNIX password: 
passwd: password updated successfully
Changing the user information for desktop
Enter the new value, or press ENTER for the default
        Full Name []:   ← Enterを入力
        Room Number []:  ← Enterを入力
        Work Phone []:   ← Enterを入力
        Home Phone []:   ← Enterを入力
        Other []:     ← Enterを入力
Is the information correct? [Y/n] Y ← Yを入力

デスクトップ用ユーザーをsudoグループへ追加

terminal
$ sudo gpasswd -a user_name sudo

デスクトップ環境のインストール

terminal
$ sudo apt -y install ubuntu-desktop

XRDPのインストール

terminal
#xrdpのインストール(執筆時はVersion 0.9.5)
$ sudo apt install -y xrdp
$ xrdp -v
xrdp: A Remote Desktop Protocol server.
Copyright (C) Jay Sorg 2004-2014
See http://www.xrdp.org for more information.
Version 0.9.5

#new_cursorsの無効化
$ sudo sed -e 's/^new_cursors=true/new_cursors=false/g' -i /etc/xrdp/xrdp.ini

#xrdpサービスの再起動、有効化
$ sudo systemctl restart xrdp
$ sudo systemctl enable xrdp.service 
$ sudo systemctl enable xrdp-sesman.service 
$ systemctl list-unit-files -t service | grep xrdp
xrdp-sesman.service                            enabled  
xrdp.service                                   enabled  

#xsessionファイルの作成
$ su user_name
$ cd ~
$ DESKTOP=/usr/share/ubuntu:/usr/local/share:/usr/share:/var/lib/snapd/desktop
$ cat <<EOF > ~/.xsessionrc
> export GNOME_SHELL_SESSION_MODE=ubuntu
> export XDG_CURRENT_DESKTOP=ubuntu:GNOME
> export XDG_DATA_DIRS=${DESKTOP}
> export XDG_CONFIG_DIRS=/etc/xdg/xdg-ubuntu:/etc/xdg
> EOF

#Authentication Requiredダイアログの回避
$ cat <<EOF | sudo tee /etc/polkit-1/localauthority/50-local.d/xrdp-color-manager.pkla
>[Netowrkmanager]
>Identity=unix-user:*
>Action=org.freedesktop.color-manager.create-device
>ResultAny=no
>ResultInactive=no
>ResultActive=yes
>EOF
$ sudo systemctl restart polkit

リモートデスクトップクライアントにてインスタンスへ接続します。
aws-ec2-lxde-010.JPG

接続できると下記のようになります
aws-ec2-lxde-011.JPG

日本語化

ソフトアップデート
Activitiesからupdateを検索、実行
aws-ec2-lxde-012.JPG
言語設定
Activitiesからlangを検索、実行
aws-ec2-lxde-013.JPG
言語設定
①からJapaneseを追加、②で日本語を最上位に設定、③iBusを設定、④システムへ設定
aws-ec2-lxde-014.JPG
リージョン設定
①で日本語を設定、②システムへ設定
aws-ec2-lxde-015.JPG

上記、設定後再起動

再起動後のダイアログ
ユーザーフォルダは英語のままにしておく
aws-ec2-lxde-016.JPG
入力ソース設定
日本語(OADG、Mozc)を追加
aws-ec2-lxde-017.JPG

aws-ec2-lxde-018.JPG
aws-ec2-lxde-019.JPG|

パッケージの追加
他のソフトウェアの追加
aws-ec2-lxde-020.JPG
aws-ec2-lxde-021.JPG

RDP時のキーマップ変更

terminal
$ cd /etc/xrdp
$ sudo wget http://www.mail-archive.com/xrdp-devel@lists.sourceforge.net/msg00263/km-e0010411.ini
$ sudo mv km-e0010411.ini km-0411.ini
$ sudo chmod 644 km-0411.ini
$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0010411.ini
$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0200411.ini
$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0210411.ini

時刻設定、表示の変更

terminal
$ sudo dpkg-reconfigure tzdata
$ gsettings set org.gnome.desktop.interface clock-show-date true

ソフトウェアの追加(任意)

Google Chrome
GIMP
GNOME Tweaks
イメージビューワ
Deepin Screenshot
Visual Studio Code

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした