Edited at

久しぶりにOpenShiftを使ってみた

2年半ぶりぐらいにOpenShiftを使ってみました。なぜかというとIBM CloudでOpenShiftがつかえるようになったからです。

IBM CloudでKubernetesのクラスターを作ろうとすると何と以下のようにOpenShiftが出てくるのです。

image.png

さっそく超シンプルなアプリをデプロイしてみました。簡単にできるのでいろいろ試してみてください。

所要時間30分以内

なお今回は開発機はWindows 10 Pro搭載 GPD Micro を使いました。

手順は

1.IBM Cloud上にOpenShiftクラスターを作成

 作成に時間がかかるので待ってる間に

IBM Cloud CLIのインストール

  https://cloud.ibm.com/docs/cli?topic=cloud-cli-ibmcloud-cli#overview

oc cli のインストール

  https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/openshift_container_platform/3.11/html-single/cli_reference/index#installing-the-cli

 をして時間をつぶすといいでしょう

2.クラスターにアクセス

3.アプリのイメージを持ってきてデプロイ

こんな画面が得られます。

image.png

1.IBM Cloud上にOpenShiftクラスターを作成

IBM Cloudのカタログ画面から kubernetesを選択してください。

https://cloud.ibm.com/catalog

image.png

このページの一番上にあるようにOpenShiftが選択できます。

今回は単一リージョン、4コア16GB,3ワーカーノード、クラスター名: myocで作成しました。1時間約100円です。

image.png

作成をクリックしてから20分ぐらいかかったでしょうか、クラスターが無事構築されました。

2.クラスターにアクセス

 アクセスの方法は2つあります。

image.png

上の両方とも試してみてください。

IBM Cloudのポータルに戻り作成したクラスターを選択すると以下のような画面に行きます。

image.png

上の図Application Webコンソールをクリックしてみましょう。

image.png

このような画面が出てくるはずです。お時間があったらいろいろ試してみてください。

今回はここで上の方のメニューからApplication Consoleを選択、左のペインから

Application-Routesと選択してください。HostnameのURLをどこかにメモしておいてください。後で使います。最後の /registry は要りません。

image.png

3.アプリのイメージを持ってきてデプロイ

IBM Cloudへのログイン、OC CLIの確認をしていただいたら以下のコマンドを入力ください。(私はPowerShellを使いました)

$ oc new-project hello-world

$ oc new-app --name hello-world https://github.com/IBM/container-service-getting-started-wt --context-dir="Lab 1"

これでイメージのダウンロード、デプロイができました。

以下のコマンドで確認しましょう。

$ oc get svc -n hello-world

以下のような結果が得られるはずです。

image.png

次にアプリケーションに外からアクセスできるようにルートを作りましょう。

$ oc create route edge --service=hello-world -n hello-world

$ oc get route -n hello-world

で以下のような結果が得られます。

image.png

さてできたアプリのURLですがいかのフォーマットになります。

image.png

ちょっと難しいですね。2でメモしておいたURLのregistry-console-default を hello-world-hello-world に変更してブラウザでアクセスしてみてください。以下のようにアプリ画面がみれるはずです。

image.png

それでは頑張ってください。