Help us understand the problem. What is going on with this article?

Windows 2008 ServerのSoftLayer仮想サーバーから物理サーバー上ののHyper-Vに引越し

More than 3 years have passed since last update.

 今回はSoftlayerの仮想サーバー(VSI)で稼動しているWindows 2008 (Windows Server 2008 R2 Enterprise)をWindows Server 2012 R2搭載物理サーバー上にHyper-Vを稼動しその上の仮想マシーンに移行してみました。

1.jpg

手順としては
1) 仮想サーバーをテンプレートイメージに保存(SoftLayerポータルから)
2) イメージテンプレートをVHDにエクスポート(同じくポータルから)
  (この作業をするのにObject Storageが必要になります、Object Storageのオーダーに関してはこちらを参照ください
 http://gg-web.jp/document/ConfigGuide/05001/index.html
3) 物理サーバーをWindows 2012R2でオーダー
4) 物理サーバーにobject storageのファイルをダウンロード
5) Hyper-Vマネージャーで仮想マシーンを作成、VHDファイルを読み込む
6) 仮想マシーンのネットワーク設定を行う(SoftLayerのPortable IP addressが必要になります)
7) ライセンス認証を行う。

では詳しく紹介します。

1仮想サーバーをテンプレートイメージに保存(SoftLayerポータルから)
ポータルサイトでメインメニューからDevice device Listで対象のサーバーをクリックし、次に右側のActionからCreate Image Templateを選びます。
2.jpg
 次に画面でTemplate Imageの名前をつけて保存します。

2 イメージテンプレートをVHDにエクスポート(同じくポータルから)

 メインメニューから Device  Manage  Imageで先ほど保存したTemplate Imageを選択してください。
3.jpg

次にObject Storageのどこに保存するかを入力します。
4.jpg

 Object Storageのリストで上記のファイルを確認します。***.vhdというファイル名になってます。

3 物理サーバーをWindows 2012R2でオーダー
 こちらを参考に物理サーバーをオーダー。今回は以下のスペックでした。
  データセンター:東京
  CPU: 3.5GHz Intel Xeon-Haswell (E3-1270-V3-Quadcore)
メモリー:8GB
OS: Windows server 2012 R2 (64)
  Storage: SATA 1TB
サーバーが出来上がった後にサーバーマネージャーでHyper-Vを有効にしました。

4 物理サーバーにobject storageのファイルをダウンロード
 ダウンロードするためにPythonとGitのインストールが必要になります。こちら
https://github.com/takara9/os_tools
を参考に設定をしてして以下のコマンドを使用して物理サーバーにObject Storageのvhdファイルをダウンロードしてください。

python os_download.py コンテナ名 VHD名 ダウンロード後のファイル名

5 Hyper-Vマネージャーで仮想マシーンを作成、VHDファイルを読み込む
 Hyper-Vマネージャーを立ち上げて新しいVMを作成しましょう。
5.jpg

Virtual Hard Diskのところで先ほどダウンロードしたVHDファイルを指定してください。

6.jpg

そのまま続けて仮想マシーンを起動するとWindows 2008が無事立ち上がります。(WindowsはSoftLayerの仮想サーバーにあるときに日本語化しておきました)

7.jpg

6 仮想マシーンのネットワーク設定を行う(SoftLayerのPortable IP addressが必要になります)
 Hyper-Vマネージャーで仮想スイッチを追加してこちらを参考にネットワークの設定をしました。

http://qiita.com/osonoi/items/26cb69adf58f1f79f49b

7 ライセンス認証を行う。

 最後にライセンスの認証を行います。上記の画面の下のほうにある“今すぐ行う場合はここをクリックしてください”をクリックして認証を行ってください。(ライセンスキーが必要になります)

8.jpg

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away