Edited at

Windows 10上でHyper-Vを使ってminishiftをセットアップ

minishiftをWindows 10でセットアップする必要があったので書いておきます。

Windowsでのminishiftはvirtualboxでやっている例が多いのですがその場合Hyper-Vを無効にしなければいけなく、他のHyper-Vを使うツールが使えなく不便です。そしてHyper-V使ってminishiftは日本語情報が少ないので書いておきました。と言ってもそんなには難しくはないです。(2019年9月5日現在)

今回やるのは

-minishiftのダウンロード、パスの設定

-Hyper-Vの有効化および設定

 有効化は再起動が必要な場合があります。

 設定は、Hyper-V administratorグループへのユーザーの追加、仮装スイッチの追加です。

minishiftの起動

image.png

-minishiftのダウンロード、パスの設定

 minishiftはこちらからダウンロードしてください。

https://github.com/minishift/minishift/releases

Windows版はminishift-1.34.1-windows-amd64.zipですね。

ダウンロードしたファイルを解凍、任意の場所においてください。(ここでは C:\minishift 配下)

次に以下のようにパスを追加します。

コントロールパネルを開いて システムとセキュリティー->システム-> システムの詳細設定で環境変数をクリックします。

image.png

システム環境変数のPathを選択編集をクリックして

image.png

以下のように”C:\minishift”を追加します。

image.png

OKをクリックして追加するとPower Shellでminishiftが起動できるか確認します。

image.png

-Hyper-Vの設定

コンピューターの管理を起動

image.png

Hype-V Administratorを選択

image.png

ユーザー(ここではosonoi)を登録

image.png

次に仮想スイッチの追加です。Hyper-Vマネージャーを起動します。

image.png

右の項目から仮想スイッチマネージャーを選択

image.png

"External VM Switch"を以下のように追加

image.png

以上で準備は完了です。

パワーシェルから以下のコマンドでminishiftを起動してください。

minishift start --hyperv-virtual-switch "External VM Switch"

問題なく起動するとURLが表示されるのでブラウザーでアクセスしてください。

image.png