Help us understand the problem. What is going on with this article?

日本語WInodws ServerのISOイメージをBoot From Imageからマウント

More than 5 years have passed since last update.

今日はISOイメージから仮想サーバーにOSをインストールというのを試してみました。OSはWindows 2008 R2 SP1です。実は内容はほとんど "ShinobiLayer: CentOS7のLiveCDをBoot From ImageからISOマウント "
(http://qiita.com/testnin2/items/7db7e4d3726dccb4f8a3)
と同じだったのですがポータルからISOをアップはできず、ツール(CloudBerry)でアップしたものはImage Menuで認識されずだったのでLinuxのcurlコマンドでISOイメージをアップしました。Ticketで確認したところアップするときにMINEタイプを指定しないといけないようです。ISOイメージの作成の仕方がちがうのでしょうか?そこのところはまだわかってませんが、とりあえずこちらでできました。手順は

-仮想サーバーをオーダー(CentOS 6.x minimal)
-Curlをインストール
-Windows ISOをダウンロード
-Object storageにアップロード
-イメージ管理メニューでアップロードしたイメージをImage TemplatesにImport
-仮想サーバーでISOイメージからOS reload

 なおライセンスはSOftLayerのWindowsライセンを使うことになります。

1.仮想サーバのオーダー
こちらを参考にオーダーしてください。
https://gg-web.jp/document/ConfigGuide/01002/index.html

なおスペックに関しては後ほどこのサーバーにWindows Serverを入れるのでちょっと高めにしました。
CPU: 2Core, Memory: 4GB, HDD 100GB

2.Curlをインストール
今回WindowsのISOイメージをLinuxのサーバーからCurlを使ってダウンロードします。
 # yum –y install curl
ポータルからオブジェクトストレージの中を見るとファイルがアップされているのがわかります。

3.日本語WindowsにISOイメージ(評価版)をマイクロソフトからダウンロード
こちらのサイトからダウンロードしました。
http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/local/windows-server/2008/r2/trial-software.aspx

4.Object storageにアップロード
今回はこちらの資料を参考にしてファイルのアップロードを行いました。
http://www-06.ibm.com/ibm/jp/cloud/pdf/softlayer_handson_storage_guide.pdf
17~18ページを参考にコマンドをインストール、ファイルをアップロードしました。

curl -s -X PUT -T 7601.17514.101119-1850_x64fre_server_eval_ja-jp-GRMSXEVAL_JA_DVD.iso -v -H "X-Auth-Token: AUTH_tk31015a431c6946ec83a254*******" https://tok02.objectstorage.softlayer.net/v1/AUTH_e0c52d9d-6294-4353-8e92-89*******/windows/7601.17514.101119-1850_x64fre_server_eval_ja-jp-GRMSXEVAL_JA_DVD.iso

(上記コマンドは一行です)

5.イメージ管理メニューでアップロードしたイメージをImage TemplatesにImport
ポータルから Device – Manage – Image と選択しImage Templateのメニューを出してください。そして右上のImport imageをクリックしてください。
image2.jpg
次に先ほどのオブジェクトストレージのファイルを左側で指定してください。次に右側のImage Nameを入力(任意の名前で結構です)して、右下のImportをクリックしてください。
image3.jpg

Image Templates一覧に先ほどアップしたISOファイルが表示されます。

  1. 仮想サーバーでISOイメージからOS reload 今回オーダーした仮想サーバーをDevice Listから選択し右側のActionからBoot From Imageを選択し先ほどImportしたimageの右側でBoot From This Imageをクリックしてください。

boot.jpg

システムの準備が始まり終了すればリモートデスクトップ接続ができます。接続すれば以下のように日本語Windowsが立ち上がります。

win-j.jpg

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした