0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

IBM Cloud Object Storage(ICOS)を使ってPCファイルのバックアップ

IBMから”テレワーク環境の早期実現に役立つ「在宅勤務ソリューション”というのが出されました。
https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/business-continuity-services-covid19/
その中に”IBM Cloud Object Storage (ICOS) を無料で提供します” というのがあったのでいくつか使い方を考えてみました。
まずはバックアップをやってみました。(なお、このキャンペーンはIBM Cloudのライトアカウントでは適用できないようです)

今回はMSP360 backupというのを使ってみました。(このソフトは15日間フリーバージョンがありました)
https://www.msp360.com/backup.aspx
PCはWindows 10のパソコンを使いました。
画面キャプチャーたくさん撮ったので長いですが実際にやってみると20分かからないと思います。ぜひやってみて下さい。

手順は
1. ICOSプロモーションコードを入力
2. IBM CloudでICOS(IBM Cloud Object Storage)を作成
3. ICOSにバックアップ用バケットを作成、ツールからアクセスするときのアクセス情報を取得
  (アクセス情報は エンドポイントURL, access_key_idとsecret_access_keyの3つになります。)
4. MSP360 backupをダウンロード、インストール、設定
5. バックアップ実行

ではそれぞれやってみましょう。

1 ICOSプロモーションコードを入力

 こちらの手順にしたがってプロモーションコードを入力して下さい。
https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/store-critical-data-in-the-cloud/
問題なく入力できると以下のような画面になります。
image.png

2. IBM CloudでICOS(IBM Cloud Object Storage)を作成

IBM Cloudのポータル( http://cloud.ibm.com )にログインしてください。
(なおIBM CLoudのIDが無い方はこちらから取得してください。https://ibm.biz/Bdq2w6)
下のように”カタログ”-->"ストレージ"-->"Object Storage"と選択して下さい。

image.png

左側のメニューで"Standard"を選択、右側の"作成"をクリックして下さい。
image.png
数秒待っていただけると作成が完了します。

3. ICOSにバックアップ用バケットを作成、ツールからアクセスするときの情報を取得

(アクセス情報は エンドポイントURL, access_key_idとsecret_access_keyの3つになります。)
 次にバックアップファイルをおいておく場所(バケット)を作りましょう。
左のメニューから"バケット"を選択、右側の"作成"をクリックします。
image.png
今回は"カスタムバケット"を選んでみましょう。
image.png
バケットの名前①は任意のお好きな名前を入れられます。回復力とロケーション②を選択し(今回はCross Region, ap-geoにしました。)*詳細はこちらをご覧ください。 https://www.ibm.com/jp-ja/cloud/object-storage/resiliency
またその下のStandard, Amart Tier, Vault, Goldに関しては https://www.ibm.com/jp-ja/cloud/object-storage/storage-class-tiers-archive
  を参照ください。
image.png
スクロールダウンしていって”バケットの作成”をクリックして下さい。
image.png
次にMSP360 backupの設定で使う設定情報を取得します。左のメニューから”エンドポイント”を選んでください。
先ほどの作成の時にCross Region, ap-geoを選んだのでそれに対応するアドレスをメモしておきます。(エンドポイントURL)
image.png
"access_key_id"と"secret_access_key"も取得しましょう。
次に"サービス資格情報"-->"新規資格情報"
image.png

サービスIDの選択は”自動”をHMAC資格情報を含めるは”オン”で”追加”をクリックします。
image.png
資格情報の表示をクリックすると様々な資格情報が表示されます。
"access_key_id"と"secret_access_key"をどこかにメモしておいて下さい。後でMSP360backupの設定で使用します。
image.png
**この2つの情報は機密情報なので上では表示してません。ご自分で作成するときも管理に気をつけて下さい。第三者のわかったしまうとストレージを勝手に使われてしまいます。

4. MSP360 backupをダウンロード、インストール、設定

 もう一息です。最後にバックアップソフト、MSP360 backupをインストール設定しましょう。
まずはダウンロード、 https://www.msp360.com/backup.aspx  から Download Free Trialをクリックインストールファイルをダウンロードします。ダウンロードしたらそのファイルを実行します。
image.png
全てデフォルトのまま進んでください。終了すると下の画面になります。"Use Home Edition (free)"をクリックします。
image.png
Activation codeを求められますが無いので(あれば入れて下さい) " I do not have a Activation code"をクリックして進んでください。
image.png
メールアドレスを入力して"Start Freeware"をクリックして下さい。
image.png

まずはバックアップ先にICOSを選択しましょう。
"Backup Source"をクリックして下さい。
image.png
ICOSはS3 Compatibleなのでそこをクリック
image.png
先ほどのICOSのアクセス情報を使って設定します。
image.png
次にどのファイルをバックアップするかしてします。”Backup plan"を選択、既存のplanを削除します。
image.png
バックアップ先としてファイルを選択設定を進めていきます。今回はほとんどデフォルト
途中でバックアップ先の候補としてICOSが出てきます。出てこない場合は何か設定が誤っている可能性があります。
設定が終了すると以下のような画面になります。
image.png

5. バックアップ実行

上の画面で
image.png
をクリックして下さい。バックアップが始まります。
終わったら念のためにICOS画面(IBM cloud)からバケットの中身を見てみましょう。
image.png

ファイルがあったらバックアップ成功です。
お疲れ様でした!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
0
Help us understand the problem. What are the problem?