Help us understand the problem. What is going on with this article?

JavaのアプリをIBM Cloud Kubernetesサービス上にデプロイ

先日タイトルの内容でハンズオンやってと言われたので忘れないうちに手順を書いておきます。
やりたいことは持っているJavaアプリ(warファイルになっている)からOpenLibertyと一緒にDockerイメージを作ってそのイメージをIBM Cloud上でデプロイします。
 なお今回のは無料で作れるライトアカウントでもできるので初心者のかたも是非やってみてください。

image.png

手順は
1. IBM CloudにKubernetesクラスターを作成
2. ローカルのDockerDockerイメージを作成、Docker Hubにアップロード
3. IBM CloudのKubernetesサービス上にデプロイ

アプリ(サーブレット)は極めてシンプルなものですがきっと複雑なアプリもできるはず

image.png

  1. IBM CloudにKubernetesクラスターを作成
     これはこちらを参考に作りました。
    https://cloud.ibm.com/docs/containers?topic=containers-cs_cluster_tutorial&locale=ja
    ライトアカウントで作れる無料のクラスターでやりました。

  2. ローカルのDockerDockerイメージを作成、Docker Hubにアップロード
    PCかMACで以下のコマンドを実行Open Liberty のDocker イメージをダウンロード
    $ docker image pull open-liberty

次に以下の内容でDockerfileを作成

FROM open-liberty
COPY ./book-deploy.war /config/dropins/book-deploy.war


同じフォルダーにwarファイルを配置して以下のコマンドでopenliberty-handsonのDockerイメージを作成。
$ docker build . openliberty-handson

できたらDocker Hubにアップローヂ
$ docker tag openliberty-handson /openliberty-handson
$ docker push ユーザー名/openliberty-handson
アップロードされたのを確認
image.png

  1. IBM CloudのKubernetesサービス上にデプロイ IBM cloudにログインしたのちに以下のコマンドでDeploymentの作成、サービスの作成を行ってください。 $ Kubectl run liberty --image=<DockerHubのユーザー名>/openliberty-handson $ kubectl expose deployment liberty --type="NodePort" --port=9080

これでできました。次にIPアドレス、ポート番号を調べてブラウザーからアクセスします。
IPアドレスは
$ ibmcloud cs workers <クラスター名>
で出てきたパブリックアドレスです。
ポート番号は
$ kubectl get service liberty
ででてくるPort(s)の2番目の番号で30000番台の数字です。

ブラウザーでアクセスしてみましょう!

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away