Vim Powerline用のFont Patchをあてる

  • 23
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

Powerlineに関する情報、Font Patchに関する情報はたくさんあったのだが、微妙に自分の環境と異なるところがあったり、細かいところで結構時間を取られたのでメモを残しておく。
Font Patchをあてないと、矢印とかのNon ASCIIな文字が化けてしまう。参照

環境

  • Mac OS X Yosemite
  • iTerm2
  • Ricty

Rictyを用意する

  • 手順
  • 生成物として、Ricty-Regular.ttfがあればよい
    • 必要ならRicty-Bold.ttfも。

powerline-fontpatcherを用意する

  • % git clone https://github.com/Lokaltog/powerline-fontpatcher

powerline-fontpatcherを使って、RictyにPatchをあてる

  • % fontforge -lang=py -script ./powerline-fontpatcher/scripts/powerline-fontpatcher Ricty-Regular.ttf
  • 成功するとRicty Regular for Powerline.ttfというファイルが生成される
  • 生成されたFontをインストールする
    • Macなら生成されたディレクトリでopen .して、ダブルクリックすればよし。

iTerm2の設定

  • Preference -> Profiles -> Textで、Non-ASCII FontにインストールしたFontを設定する

vimrcファイルの設定

let g:Powerline_symbols = 'fancy'
set laststatus=2

つまづいたところ

fonrforgeを実行したときにlibへのパスがなくてエラーになる

dyld:Library not loaded: /usr/local/lib/libjpeg.8.dylib

解決方法

sudo ln -s /usr/local/Cellar/jpeg/8d/lib/libjpeg.8.dylib /usr/local/lib/