openstack
SoftLayer

SoftLayerの無料ベアメタルでOpenStackの学習をする(1) - 環境の用意

More than 3 years have passed since last update.

次回はこちら



はじめに

OpenStackの学習をしようと思っていたところ、OpenStackクラウドインテグレーション オープンソースクラウドによるサービス構築入門が出たので購入。

OpenStackクラウドインテグレーション オープンソースクラウドによるサービス構築入門

HPのパブリッククラウドでの構築の説明もあるが、やはり実機でテストしたい。実機の環境にはSUSE Cloud、Red Hat RDO、DevStackから選べるようになっている。ただ、32GBのメモリーを積んだマシンを想定した記述だ。本文には16GBなら仮想マシンのメモリーを半分にしてねと書いてあるが、自由に使えるのは、8GBのノートPCぐらい。

そこで、思い出したののがSoftLayerの\$500キャンペーン。SoftLayerはIBMの子会社のクラウド屋さん。新しいデータセンターができると、そのデータセンターの最初のオーダーから\$500を引いてくれる(このリンクは2015-03-31までの東京だけど、シドニーとか他にもある)。しかもベアメタルといって仮想マシンではなく、サーバーを一台まるごと貸してしてくれる。月額\$500以下のマシンをオーダーして、次の月締め日(アニバーサリーデート)までにキャンセルすれば、完全に無料のはずだ。

会社の指定ソフトが入っていないノートだと、会社のLANにつなげられないので、自宅でしか学習できない。クラウドに環境を作れば、自宅からでも会社の空き時間でもテストできる。これしかない。


SoftLayerのベアメタルをオーダー

SoftLayerのアカウントは、前に30日間クラウド無料トライアル作っていたので、早速オーダー。


  • ベアメタルをマンスリーでオーダー

01-01.png


  • 32GB可能な一番安いサーバーを選択

01-02.png


  • 2015/03末までクーポンが利くのは、東京・メキシコ・フランクフルト。今回はフランクフルトを選択

    01-03.png


  • メモリーを32GBに変更。これが、本体より高い

    01-04.png


  • 無料のUbuntu 14.04

    この本はNested KVMでの構築になる。CentOSも無料だけとNested KVMがデフォルトでオンではないらしいのでデフォルトでオンのUbuntu 14.04を選択。この本のRDOはFedora 19、DevStackはUbuntu 14.04を前提としているので、その意味でもUbuntu 14.04を選択


01-05.png


  • お金がないのでDiskはそのまま

01-06.png


  • いい感じの金額になったので

01-07.png


  • フランクフルト用のプロモコードを入力して、\$0のオーダー

01-08.png

デプロイをしばらく待つ。


Softlayerではアニバーサリーデートという月締めで料金が請求される。何日になるかは、最初のオーダーで決まる。月額料金のサーバーを月の途中でオーダーすると、次のアニバーサリーデートまで日割りで件際される。プロモ前のMonthly金額が本当の月額で、Prorated Totalが日割り後の今月の料金。

\$500のプロモーションが利くのは、今月分のみ。アニバーサリー直前にプロモでオーダーをすると、もったいない一方、期間は短くてもいいから高スペックをダダで使いたい場合は、日割り後に\$500以下になるように調整すればいいはず。


次回はこちら