LoginSignup
21

More than 3 years have passed since last update.

【Kotlin】ギャラリーから画像を選択して、ImageViewに表示する

Posted at

公式サイトを参考に、ストレージ アクセス フレームワーク(SAF)を使用する。
ストレージ アクセス フレームワークを使用してファイルを開く  |  Android Developers

コードはGitHubに載せています。
https://github.com/orimomo/picture-frame-app/tree/master

1. ギャラリーを表示する

コードと解説

    private fun selectPhoto() {
        val intent = Intent(Intent.ACTION_OPEN_DOCUMENT).apply {
            addCategory(Intent.CATEGORY_OPENABLE)
            type = "image/*"
        }
        startActivityForResult(intent, READ_REQUEST_CODE)
    }

    companion object {
        private const val READ_REQUEST_CODE: Int = 42
    }
  • アプリがACTION_OPEN_DOCUMENTインテントを開始すると、ピッカーが起動し、条件に一致するすべてのドキュメント プロバイダが表示される
  • カテゴリ(CATEGORY_OPENABLE)をインテントに追加すると、結果がフィルタリングされ、画像ファイルなどの開くことができるドキュメントのみが表示される
  • typeを指定することで結果をさらにフィルタリングし、画像 MIME データタイプのドキュメントのみを表示される

2. 選択された画像をImageViewに表示する

コードと解説

    override fun onActivityResult(requestCode: Int, resultCode: Int, resultData: Intent?) {
        super.onActivityResult(requestCode, resultCode, resultData)
        if (resultCode != RESULT_OK) {
            return
        }
        when (requestCode) {
            READ_REQUEST_CODE -> {
                try {
                    resultData?.data?.also { uri ->
                        val inputStream = contentResolver?.openInputStream(uri)
                        val image = BitmapFactory.decodeStream(inputStream)
                        val imageView = findViewById<ImageView>(R.id.imageView)
                        imageView.setImageBitmap(image)
                    }
                } catch (e: Exception) {
                    Toast.makeText(this, "エラーが発生しました", Toast.LENGTH_LONG).show()
                }
            }
        }
    }
  • ユーザーがピッカーでドキュメントを選択すると、onActivityResult()が呼び出される
    • 第一引数requestCodeは要求コードで、ギャラリーから戻ってきたことを識別する
    • 第二引数resultCodeは結果コードで、操作が成功した場合RESULT_OKが、ユーザーがバックアウトしたり、何らかの理由で失敗したりした場合はRESULT_CANCELEDが返る
    • 第三引数resultDataは取得したデータで、選択したドキュメントを指すURIにはresultData.dataでアクセスできる
    • 参考:startActivityForResultのrequestCodeを理解する - Qiita
  • 画像ファイルからBitmapを生成し、ImageViewにセットする

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
21