Posted at

Python、Slack、Lambda、DynamoDBを使って簡単勤怠管理システムを作ってみた①


はじめに

SlackとAWSを使用して、勤怠管理システムを作成してみました!

使用したサービスは、Slack、API Gateway、Lambda、DyanmoDBの4つです。

システム構成図は以下です。

(新しいAWSアイコン使ってみました!)

system.png


目次

1.IAMロールを作る

2.Lambdaを作る

3.LambdaからSlackに投稿する

4.API Gatewayを作る

5.SlackからLambdaに通知する

6.DynamoDBを作る

7.SlackからDynamoDBに書き込む

8.DynamoDBの情報をSlackで確認する


1.IAMロールを作る

Lambdaで使用するIAMロールを作成しておきます。

今回は、LambdaとDynamoDBのフルアクセス権限を付けておきます。

ロール名は、LambdaDynamoAccessRoleとします。


2.Lambdaを作る

WorkTimeManagementという名前で、Lambda関数を作成します。

ランタイムは、Python3.6です。

IAMロールには、先程作成したLambdaDynamoAccessRoleを利用します。

1.png

Lambda関数には、デフォルトでPython標準外のモジュールが含まれていないので、ZIPファイルにしてアップロードする必要があります。

ローカル環境で下記のコードを実行し、ZIPファイルを作成します。


terminal

$ mkdir environment

$ cd environment
$ pip install requests -t .
$ zip -r environment.zip *

コードエントリタイプの「.ZIPファイルをアップロード」を選択し、先程作成したenvironment.zipをアップロードします。

2.png

ここまでで、Lambda関数の作成は完了です。

3.png


3.LambdaからSlackに投稿する

SlackのIncoming Webhooksページに移動します。

4.png

ポストするチャンネルを指定すると、Webhook URLを取得することができます。

5_edit.png

このURLを利用して、LambdaからSlackにリクエストを投げます。

続いて、左上のFileタブから新規ファイルを作成し、ファイル名をlambda_function.pyとして保存します。

6_edit.png

lambda_function.pyのコードは、以下のように記述します。


lambda_function.py

import os

import json
import requests
import boto3

# Slack Incomming Webhooks URL
SLACK_POST_URL = "https://hooks.slack.com/services/~"

# Post to Slack
def PostSlack(message, icon=':smile:', username='user', channel="#worktime"):

Dict_Payload = {
"text": message,
"username": username,
"icon_emoji": icon,
"channel": channel,
}

return requests.post(SLACK_POST_URL, data=json.dumps(Dict_Payload))

# Main Function
def lambda_handler(event, context):

PostSlack(message="This is a 1st test!")

return "success!"


プログラムを実行すると、Slackに「This is a 1st test!」とポストすることができます。

7.png

PostSlack関数の引数で指定するiconで、Slackポスト時のアイコンを指定することができます。

以下のURLにて、Slackの絵文字チートシートを確認できます。

https://www.webpagefx.com/tools/emoji-cheat-sheet/


4.API Gatewayを作る

Lambda→Slackはできましたが、Slack→Lambdaも必要です。

具体的には、Slackに書いた情報をLambdaで受け取り、データベースに書き込む必要があります。

上記操作を実現するため、今回はAPI Gatewayを使用します。

まずは、「WorkTimeAPI」という名前で、新たなAPIを作成します。

8.png

次に、アクションタブからリソースの作成を選択し、all-actionというリソースを作成します。

9.png

リソースを作成しましたら、再びアクションタブを選択し、次はメソッドの作成をクリックします。

10.png

メソッドの種類は、一先ずANYとしておきます。

先程作成したLambdaと連携したいので、Lambda関数名を「WorkTimeManagement」としておきます。

11.png

リソース、メソッドの作成が完了しましたら、いよいよAPIをデプロイします。

アクションタブから、APIのデプロイを選択します。

12_edit.png

ステージについて情報を記載し、右下の完了ボタンを押すと、APIのデプロイが完了します。

13.png

APIのデプロイが完了すると、ページ上部にURLが自動的に作成されます。

このURLを使用することで、APIの呼び出しが可能になります。

14_edit.png

続いて、API GatewayとSlackを連携します。

SlackのOutgoing Webhooksページに移動し、Add Outgoing WebHooks integretionを選択します。

15.png

チャンネルは#worktime、APIを呼び出すトリガーワードは、workとします。

URLには「~/dev/all-action」を記載し、下部のSave Settingsをクリックすると、SlackとAPI Gatewayの連携は完了です。

16_edit.png


5.SlackからLambdaに通知する

Outgoing Webhooks URLを作成する際、トリガーワードをworkと設定しました。

従って「work (message)」とSlackにポストすれば、Lambdaへその内容が届きます。

今回はテストとして、「work test」とSlackにポストし、そのユーザー名、メッセージ、日付、時刻を表示します。

lambda_function.pyは下記の通り更新します。


lambda_function.py

import os

import json
import requests
import boto3
from datetime import datetime, timedelta, timezone

# Slack Incomming Webhooks URL
SLACK_POST_URL = "https://hooks.slack.com/services/~"

#KEYWORD
USER_KEY = 'user_name='
TEXT_KEY = 'text='
TRIG_KEY = 'trigger_word='

# Post to Slack
def PostSlack(message, icon=':smile:', username='manager', channel="#worktime"):

Dict_Payload = {
"text": message,
"username": username,
"icon_emoji": icon,
"channel": channel,
}

return requests.post(SLACK_POST_URL, data=json.dumps(Dict_Payload))

# Get body from event
def __getBody(event):
body = event['body']
return body

# Get user name who posted on Slack
def GetUserName(event, user_key, text_key):
body = __getBody(event)
user = body[body.find(user_key)+len(user_key):body.find(text_key)-1]
return user

# Get posted message on Slack
def GetMessage(event, text_key, trig_key):
body = __getBody(event)
text = body[body.find(text_key)+len(text_key):body.find(trig_key)-1]
word_list = text.split("+")
message = word_list[1]
return message

# Get posted time on Slack
def GetDateTime():
JST = timezone(timedelta(hours=+9), 'JST')
now = str(datetime.now(JST))
date = now[:now.find(" ")]
time = now[now.find(" "):now.find(".")]
return date, time

# Main Function
def lambda_handler(event, context):

user = GetUserName(event, USER_KEY, TEXT_KEY)
message = GetMessage(event, TEXT_KEY, TRIG_KEY)
date, time = GetDateTime()

PostSlack(message="User : "+str(user))
PostSlack(message="Message : "+str(message))
PostSlack(message="Date : "+str(date))
PostSlack(message="Time : "+str(time))

return "success!"


Slackで「work test」と投稿したところ、Lambdaから投稿者のユーザー名、メッセージ、日付、時刻が返ってきました。

image.png


6.DynamoDBを作る


7.SlackからDynamoDBに書き込む


8.DynamoDBの情報をSlackで確認する


おわりに

Chapter6のDynamoDB以降は、別記事にまとめようと思いますので、乞うご期待!

参考になった方は、是非いいね!をお願いします。