Edited at

CloudGarageにOpenBSDをインストールする

More than 1 year has passed since last update.

この記事はCloudGarage Advent Calendar 2017の3日目の記事です。

昨日の記事はbany367さんのCloudGarageにSambaを構築でした。


BSDを入れる

CloudGarageにデフォルトで用意されているOSはLinuxです。

image.png

しかしインストール用のISOを自分で用意出来る機能があり、BSD系をインストールすることも可能です。

※本記事ではOpenBSDをインストールしますが、FreeBSD、NetBSDもインストールしたら問題なく動作しました。


ISOイメージを登録する

image.png

image.png

登録用ISOイメージには自分で分かりやすい名前を付けて、URLにISOをDL出来るURLを書きます。

OSタイプはLinuxしか選択出来ませんが特に問題ありません。


インスタンスを作成する

先程登録したISOイメージを選択して、インスタンスの作成をします。

image.png

ポートはとりあえず、全開放でいきます。

image.png


  • SSH Key設定

  • インスタンス情報のrootパスワード

の2つは、ISOイメージからインスタンスを作成する場合は使えない機能です。

プランを選んで、インスタンスを作成します。

image.png

しばらく待つとインスタンスが出来上がりますので、インスタンス名クリックします。

image.png

インスタンスの詳細画面でコンソール表示をクリックします。

image.png


OpenBSDをインストールしていく

コンソールを開くと、ISOから起動した画面が操作できますのでOSインストールをしていきます。

普通にインストールすればOKです。

image.png


  • Iを入力してEnter


Choose your keyboard layout

自分のキーボードレイアウトを選びましょう。(CloudGarageのコンソールで対応しているのは、JP、USの2種類です。私はUSを選びました。USの場合は、インスタンスの詳細画面でキーボードレイアウトの設定をUSに変えておく必要があります。)


System hostname?

openbsd

(自分の好きな名前をつければOKです)


Which network interface do you wish to configure?

defaultのvio0を選ぶので、何も入力せずEnter


IPv4 address for vio0?

defaultのdhcpを選ぶので、何も入力せずEnter


IPv6 address for vio0?

defaultのnone


Which network interface do you wish to configure?

done


Default IPv4 route?

そのままEnter

[192.168.0.1]になると思います


Password for root account?

任意のパスワードを入れましょう

確認用に、二回入力を求められます。


Start sshd(8) by default?

yes


Do you expect to run the X Window System?

yes


Do you want the X Window System to be started by xenodm(1)?

no


Change the default console to com0?

no


Setup a user?

任意のユーザー名を入力して Enter


Full name for user xxxx?

そのままEnter


Password for user xxxx?

任意のパスワード

ここでも二回入れます


Allow root ssh login?

no


What timezone are you in?

Asia/Tokyo


Which disk is the root disk?

sd0


Use (W)hole disk MBR, whole disk (G)PT or (E)dit?

whole


Use (A)uto layout, (E)dit auto layout, or create (C)ustome layout?

a

自動でやってくれる設定のままでいきましょう


Location of sets?

cd0


Pathname to the sets?

6.2/amd64


Set name(s)?

done


Directory does not contain SHA256.sig. Continue without verification?

yes

これでインストールが始まります。


Location of sets?

done


インストール完了後

コンソール画面を閉じます。

image.png

ISOイメージをアンマウントしたあと、インスタンスの強制再起動をします。

再度、コンソールを開くとOpenBSDが起動しているのでログインして使用可能になっています。

image.png


sshでログインしてみる

インスタンスの詳細画面にグローバルIPアドレスが出ているので、そこにsshでつなげて見ます。

インストール時に作成した、ユーザー、パスワードでログインしてみましょう。

これで、手元のPCで作業出来るようになります。


GUI環境を入れてみる

ここまでの作業で、OpenBSDをSSHで使えるようになりましたので、サーバーにしたりプログラミングしたり出来るようになりました。

せっかくなのでGUIも使えるようにしてみましょう。

設定することで、CloudGarageのコンソールからGUIを使えるようになります。

sshでログインして、作業します。まずrootになります。

$ su -


packageインストール

インストール元の設定


/etc/installurl

http://ftp.jaist.ac.jp/pub/OpenBSD/


# export PKG_PATH=http://ftp.jaist.ac.jp/pub/OpenBSD/6.2/packages/amd64/

# pkg_add xfce xfce-extras firefox scim-anthy ja-mplus-ttf-20060520p5 consolekit2


各種設定


/etc/rc.conf.localの編集


/etc/rc.conf.local

pkg_scripts="messagebus"



xenodmの起動設定

# rcctl enable xenodm


一般ユーザーに戻って .xsession の編集

# exit


$HOME/.xsession

export LANG=ja_JP.UTF-8

export XMODIFIERS="@im=SCIM"
export GTK_IM_MODULE=xim
export QT_IM_MODULE=xim
scim -d
exec ck-launch-session startxfce4


再起動

ログアウトして、CloudGarage管理画面で再起動します。

管理画面のコンソールを開くと、GUIのログイン画面が出ます。

image.png

一般ユーザーでログインしましょう。

image.png

Ctrl+Spaceで日本語入力が有効になり、日本語の入力も可能です。


明日は橋本 Web屋Becoさんです!よろしくお願いします。