Oracle Database に 新しい元号(年号)「野球」を追加してみる。(NLSカレンダ・ユーティリティlxegen) ※2019/4/1追記:新元号「令和」の設定方法を追記


元号「野球」を Oracle Database に設定

yakyu_gengo.jpg

時代は野球や!彡(゚)(゚) Oracle Database の NLSカレンダ・ユーティリティで

新しい元号(年号)「野球」を追加してみるやで。マニュアルは下記の通り。


Oracle Databaseグローバリゼーション・サポート・ガイド

12cリリース1 (12.1) B71319-05

12 ロケール・データのカスタマイズ

NLSカレンダ・ユーティリティを使用したカレンダのカスタマイズ

https://docs.oracle.com/cd/E57425_01/121/NLSPG/ch12custlocale.htm#GUID-8F9C2D9F-C6D0-447D-8780-33D6982D5B2C


Oracle Databaseは、複数のカレンダをサポートしています。

場合によっては、その中に、今後の元号の追加が必要なものや、

地域的な要件に合せて、うるう年の日数の増減が必要なものがあります。



まずはサンプルの定義ファイルを見てみるやで。マニュアルは下記の通り。


https://docs.oracle.com/cd/E57425_01/121/NLSPG/ch12custlocale.htm#GUID-8F9C2D9F-C6D0-447D-8780-33D6982D5B2C

テキスト定義ファイルの名前とlxegenユーティリティに対する位置は、プラットフォーム依存の値でハードコード化されています。

UNIXプラットフォームの場合、ファイル名はlxecal.nltで、$ORACLE_HOME/nlsディレクトリにあります。

テキスト定義ファイルのサンプルは、$ORACLE_HOME/nls/demoディレクトリに含まれています。

デモ・ファイルのインストール方法の詳細は、『Oracle Database Examplesインストレーション・ガイド』』を参照してください。


Oracle Database Examples Linux x86-64版 の ダウンロード は 下記から。


※下記のリンクは 2017/1/12時点のものです。

Oracle Database 12c Release 1 Examples (12.1.0.2.0) for Linux x86-64

http://www.oracle.com/technetwork/database/enterprise-edition/downloads/database12c-linux-download-2240591.html?ssSourceSiteId=otnjp


Oracle Database Examplesをダウンロードしてインストールすると、

$ORACLE_HOME/nls/demo配下にサンプルの定義ファイルが展開されます。下記は サンプルlxecal.nlt の抜粋。

-- ***************************************************************************

-- Here is an example on defining Emperors for a Imperial Calendar
-- ***************************************************************************
--
-- DEFINE calendar
--
-- calendar_name = "Japanese Imperial"
--
-- DEFINE calendar_era
-- era_full_name = bebccfc2
-- era_abbr_name = 53
-- start_date = "DEC-25-1926 AD"
-- end_date = "jAN-07-1989 AD"
-- ENDDEFINE calendar_era
--
-- DEFINE calendar_era
-- era_full_name = cabfc0ae
-- era_abbr_name = 48
-- start_date = "JAN-08-1989 AD"
-- end_date = "DEC-31-2099 AD"
-- ENDDEFINE calendar_era
--
-- ENDDEFINE calendar
--

「bebccfc2」はEUC文字コードで「昭和」、「cabfc0ae」は「平成」に対応します。

SQL> select CONVERT(CHR(TO_NUMBER('bebccfc2', 'xxxxxxxx')), 'AL32UTF8', 'JA16EUC') from dual;

CONVERT(CHR(TO_NUMBE
--------------------
昭和

SQL> select CONVERT(CHR(TO_NUMBER('cabfc0ae', 'xxxxxxxx')), 'AL32UTF8', 'JA16EUC') from dual;

CONVERT(CHR(TO_NUMBE
--------------------
平成

「野球」に対応するEUC文字コードは「cceeb5e5」なので、

こいつを lxecal.nlt に記述して、$ORACLE_HOME/nls配下に配置します。

※「野球」のバイトコードの調べ方を別記事に興しました。

http://qiita.com/ora_gonsuke777/items/c410f75f0a7a3dfd1872

$ pwd

/u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/nls
$ ls -la lxecal.nlt
-rw-r--r-- 1 oracle oinstall 301 Jan 12 11:50 lxecal.nlt
$ cat lxecal.nlt
DEFINE calendar
calendar_name = "Japanese Imperial"
DEFINE calendar_era
era_full_name = "cceeb5e5"
era_abbr_name = "59"
start_date = "JAN-01-2019 AD"
end_date = "DEC-31-2200 AD"
ENDDEFINE calendar_era
ENDDEFINE calendar

「lxegen」コマンドを起動すると、「lxecal.nlt」がコンパイルされて

「lxecalji.nlb」と云うバイナリファイルが作成されます。

$ lxegen

NLS Calendar Utility: Version 12.1.0.2.0 - Production

Copyright (c) Oracle 1994, 2014. All rights reserved.

CORE 12.1.0.2.0 Beta

$ ls -la lxecal*
-rw-r--r-- 1 oracle oinstall 301 Jan 12 11:50 lxecal.nlt
-rw-r--r-- 1 oracle oinstall 144 Jan 12 14:20 lxecalji.nlb ←コイツ
$

いよいよやで…DBをシャットダウン/再起動して、2019年1月1日を取得してみると……

SQL> SHUTDOWN IMMEDIATE;

データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。
SQL> STARTUP
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 2399141888 bytes
Fixed Size 2927192 bytes
Variable Size 654312872 bytes
Database Buffers 1728053248 bytes
Redo Buffers 13848576 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。
SQL> ALTER SESSION SET NLS_CALENDAR="Japanese Imperial";

セッションが変更されました。

SQL> SELECT SYSDATE+719 FROM DUAL;

SYSDATE+719
---------------------------------------------
野球010101

SQL>

野球元年や!彡(゚)(゚)


新元号「令和」を Oracle Database に設定

元号「野球」の夢は潰えた…彡(-)(-)

新元号「令和」の設定方法を書いとくやで彡(゚)(゚)

-- 新元号「令和」と略称「R」のEUC文字コードを調べる。

SELECT DUMP(CONVERT('令和', 'JA16EUC' , 'AL32UTF8'), 16) FROM DUAL;
SELECT DUMP(CONVERT('R', 'JA16EUC' , 'AL32UTF8'), 16) FROM DUAL;

DUMP(CONVERT('令和','JA1
------------------------
Typ=1 Len=4: ce,e1,cf,c2

DUMP(CONVERT('R
---------------
Typ=1 Len=1: 52

# 定義ファイルlxecal.nlt作成とlxegen実行

cd ${ORACLE_HOME}/nls

vi lxecal.nlt

cat lxecal.nlt

DEFINE calendar
calendar_name = "Japanese Imperial"
DEFINE calendar_era
era_full_name = "cee1cfc2"
era_abbr_name = "52"
start_date = "MAY-01-2019 AD"
end_date = "DEC-31-2200 AD"
ENDDEFINE calendar_era
ENDDEFINE calendar

lxegen

ls -la lxecal*

-rw-r--r--. 1 oracle oinstall 297 Apr 1 11:40 lxecal.nlt
-rw-r--r--. 1 oracle oinstall 144 Apr 1 11:40 lxecalji.nlb

-- 動作確認

SHUTDOWN IMMEDIATE;

Database closed.

STARTUP;

Database mounted.
Database opened.

ALTER SESSION SET NLS_CALENDAR="Japanese Imperial";

Session altered.

SELECT SYSDATE FROM DUAL;

SYSDATE
---------------------------------------------
平成310401

SELECT SYSDATE+30 FROM DUAL;

SYSDATE+30
---------------------------------------------
令和010501

新元号「令和」の幕開けや!彡(^)(^)

※追記:JA16EUCTILDE(JA16EUC) の「令(0xCEE1)」のマッピング

Oracle Database の Locale Builder(lbuilderユーティリティ)で JA16EUCTILDE(JA16EUC)

の「令(0xCEE1)」が UNICODE のどのコードにマッピングされているか見てみました。

Oracle Database の JA16EUCTILDE(JA16EUC) の「令(0xCEE1)」は

UNICODE の「令(U+4EE4)」にマッピングされていました彡(゚)(゚)

ja16euctilde.jpg


My Oracle Supportドキュメント

サポートのドキュメントもご参照下さい。パッチも出てまっせ!彡(゚)(゚)

※My Oracle Support のアカウントが必要です。


日本の元号の変更方法について (ドキュメントID 2416596.1)

https://support.oracle.com/epmos/faces/DocumentDisplay?id=2416596.1

Patch 28730253:SUPPORT NEW ERA REIWA FOR JAPANESE IMPERIAL CALENDAR

https://support.oracle.com/epmos/faces/ui/patch/PatchDetail.jspx?patchId=28730253