stumpwm
twmn

StumpWMでtwmnを使う

More than 3 years have passed since last update.

StumpWMで通知のためにtwmnを使う方法のメモ。

直接twmndを実行することもできるが、それをするとloadrcするたびにデーモンが新規で立ち上がってtwmndプロセスが大量発生する問題が発生するので以下のような補助スクリプトを組んで間接的に起動する。保存場所は割と適当なので任意に。

尚、twmnはgithubから取ってくるなりArchならyaourtで入れるなりしてインストール済みとする。PATHは#p"/usr/bin/twmnd"に入ってるとする。


~/.stumpwm.d/helper/twmn/run.sh

#!/bin/sh

TWMND_PID=`ps aux | grep -v grep | grep twmnd | awk '{print $2}' | tr -d "\n"`
TWMND_COMMAND="/usr/bin/twmnd"

if test -x $TWMND_COMMAND ;then
if
test -z $TWMND_PID; then
exec $TWMND_COMMAND
else
kill $TWMND_PID && exec $TWMND_COMMAND
fi
else
echo "twmnd command not found"
fi


で、~/.stumpwm.d/init.lispに以下を追記する。


~/.stumpwm.d/init.lisp

;;; -*- Lisp -*-

(in-package :stumpwm)

(defvar *stumpwm-rc-directory*
(merge-pathnames #p".stumpwm.d/" (user-homedir-pathname)))

;; blah blah blah

(cl-user::process-pid (run-shell-command (namestring
(merge-pathnames #p"helper/twmn/run.sh"
*stumpwm-rc-directory*)
) nil))


追記: twmndが動いているとEmacsでalert.elなどを使っても通知できるようになるのでいろいろ便利に使えそうです。