Help us understand the problem. What is going on with this article?

Microsoft AzureでMySQLが利用できるようになった

More than 3 years have passed since last update.

概要

Microsoft Build 2017のキーノートでMySQLのフルマネージドサービスの発表がありました。
2017/5/13現在preview版ですが、一通り触ってみた所感と利用時の注意事項などについて書いていきたいと思います。

メリット

🍣 フルマネージドでサイジングが簡単

Azureでは今までMySQLのマネージドサービスは提供されてきませんでした。
そのため、インスタンスを立ててMySQLをインストールして利用するしかありません。
もちろんクラスターやレプリケーション、シャーディングといった冗長化や負荷分散には自前でその台数分のインスタンスを作成し、
それらを自分でプロビジョニング・管理する必要があります。

発表されたAzure Database for MySQLでは、コンピューティングユニットと、ストレージの容量がダウンタイムを(ほぼ)挟むことなく操作できます。
これにより、サイジングを簡単に行うことができます。
Kobito.ElZ3Bi.png

🍺 自動バックアップ

現在利用可能なBasicプランでは過去7日間のバックアップを自動で保管します。
ただし、復元の際には、新規でリソースを作成する必要があります。
Kobito.XtO3OF.png

デメリット

💀 フルマネージドなので細かいチューニングは不可能

フルマネージドサービスに共通して言えることですが、細かいチューニングはできません。
チューニングできる項目(後述)は限られるので、注意する必要があります。

😈 ポータルからのレプリケーションはできない

現在、ポータルからのレプリケーション設定はできないようです(間違っていたらごめんなさい)。
Azure SQL Databaseではactive geoレプリケーションでプライマリ/セカンダリとレプリケーションが可能ですが、MySQLにはまだ存在しないようです。
自分でレプリケーションを組む他なさそうです。

Azure Database for MySQLでできること

使用可能なMySQLバージョン

開始時にMySQL 5.6 または 5.7の選択が可能です。

設定可能な項目

現在、以下の項目をポータルにて管理/設定できます。

パラメーター名 初期値
binlog_group_commit_sync_delay 1000
binlog_group_commit_sync_no_delay_count 0
character_set_server LATIN1
div_precision_increment 4
group_concat_max_len 1024
innodb_adaptive_hash_index ON
innodb_lock_wait_timeout 50
interactive_timeout 1800
log_bin_trust_function_creators OFF
log_queries_not_using_indexes OFF
log_slow_admin_statements OFF
log_throttle_queries_not_using_indexes 0
long_query_time 10
max_allowed_packet 536870912
min_examined_row_limit 0
server_id 1000
slave_net_timeout 60
slow_query_log OFF
sql_mode 0 項目が選択されました
time_zone SYSTEM
wait_timeout 120

おわりに

検証が不十分な箇所が散見し申し訳ないです。
所感として、正直まだproductionに投入できるほどのものではありません(preview版だし、basicしかないので当然だが)。
しかし今までインスタンスの管理コストがあったものが丸投げできるのは大きな魅力です。
またAzure SQL DatebaseではAWS RGSに比べても遜色のない様々な機能が提供されているので、GAまでにはよりAzureならではのフルマネージドdatabaseになっていくのではないかと思います。
これからどんどん機能が追加されていく(といいな)ので、どんどん検証していきたいと思います。

onunu
livesense
求人情報サイト「マッハバイト」「転職ナビ」「転職会議」「転職ドラフト」および不動産情報サイト「IESHIL」などを開発・運営しています。
https://www.livesense.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away