vvvv
VVVVDay 18

そんなことよりVJしようぜ!!!

More than 3 years have passed since last update.

こんにちは :open_hands:

vvvvを使えば動く映像 :hammer: が簡単に作れますね! :clap: :joy_cat:

難しいことはわかりませんが :information_desk_person: 、何となくVJ :bulb: ができそうなのでやってみましょう :dash:

:cat2:

自分は普段QuartzComposer :tada: を使ってVJをすることが多いのですが、:seat:

基本的には

[シンプル :no_mouth: な素材をたくさん :two_hearts: 用意] :arrow_right: [ミキサーのプログラム :japanese_goblin: で混ぜてパフォーマンス :tractor: ]

という、オールドスクール :ghost: な形式をとっています。 :tv:

:cat2:

今回もまずはこの流れ :blowfish: でシステムを構築してみます :office: :office: :office:

:point_down: :point_down: :point_down: :point_down: :point_down: 動作サンプル :point_down: :point_down: :point_down: :point_down: :point_down:

https://www.youtube.com/watch?v=PD5p2K5POeA

:point_up: :point_up_2: :point_up: :point_up_2: :point_up: :point_up_2: :point_up: :point_up_2: :point_up: :point_up_2: :point_up: :point_up_2: :point_up: :point_up_2:

素材はこんな感じで作りました :hatching_chick:

v1.png

v2.png

v3.png

v4.png

せっかくの :v: vvvv :v: なのでSpread :statue_of_liberty: をドンドコ :mega: 活用していきたいですね :zap: :zap: :zap: :zap:

:cat2:

ここでポイント :feet: になるのは、一番下についてるS > ◯◯ (呼び出すときはS(node))というやつです。

これにつなげたnode :electric_plug: をR > ◯◯というnodeで受け取ることができます :sun_with_face: :full_moon_with_face:

ミキサーのパッチでR > ◯◯を使って素材を受け取ってQuad :chart_with_upwards_trend: に貼って混ぜれば :performing_arts: ミキサー :performing_arts: の完成です! :dolphin: :shell: :shell:

v5.png

ちなみに :cactus: 実際に使用した時は :last_quarter_moon_with_face: ミキサー :first_quarter_moon_with_face: だけを開いておいて :bento: 、使うパッチをミキサーのウインドウに投げ込んで :rocket: 使ってました!

間にフィルター :pineapple: 挟んだりMIDIアサイン :bread: したりしていい感じにパッチ :seedling: を育てましょう :barber:

:cat2:

今回紹介したパッチですー :fire:ご活用ください :metal:

:family: http://goo.gl/zt34Q9 :family:

enjoy!!

:whale: http://twitter.com/onom