さくらのVPSにRancherをインストールする

  • 8
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

Dockerの管理が面倒になってきた。

ちょっとしたプログラムとかを動かす環境としてさくらのVPSを使っているけれど、
そんなに大量にサーバを借りられないので、基本的にVPS内でコンテナを使って運用してる。
2,3年前はLXCを使って運用していたけれども、1年前くらいから徐々にDockerに切り替えている。

Docker環境の個人的な課題として、気づくとコンテナが増えていく...
サーバではなくてクライアント端末だったらDocker for Mac(Windows)や・kitematicを使うからそうでもないけれど、
サーバは気づくと増えてる。

管理ツールとして何が良いか?

Dockerの管理ツールは今色々乱立していると思ってる。

Docker DataCenter

  • 2016年の2月くらいに発表
  • Dockerを管理するためのオンプレミスプラットフォーム
  • Docker社純正
  • GUIついてる

Kubernetes

  • Googleのborgから来ているコンテナ管理ツール
  • GUIが無かった
  • 入れるの大変(なイメージ)

OpenShift v3

  • Redhat
  • GUIも搭載
  • PaaSってよく言われるけれど、PaaSというよりはKubernetesに足りない箇所をいい感じに追加している

ただここで上げたツールのイメージとして個人の1サーバしかない環境では重厚長大だと思ってる。

Rancher

  • 基本的にOSS(商用版もある)
  • GUIがついてる
  • 入れるの簡単
  • コンテナ・実行ホストをデプロイできる
  • 管理・ログ機能

色々あるけれど、1ホストで使ってもちょうど良いコンパクトさだと思ってる(大規模環境にも使えるように設計・開発はされているとのこと)

Rancherをインストール

インストールといっても、管理サーバ側はDocker Imageを落としてきてrunするだけ。

ホストの環境は

  • Ubuntu 14.04.5 LTS
  • Docker version 1.12.1, build 23cf638

インストールは下記で。

root@machine:~# docker run -d --restart=unless-stopped -p 8080:8080 rancher/server

終わったら http://hostname:8080 にアクセスすればこんな画面が出てくる

スクリーンショット 2016-10-09 22.07.32.png

ホストを追加する画面
最近よくある形で、下部に出てくるコマンドを追加したいホストで打てば自動でホストが追加される。
スクリーンショット 2016-10-09 22.09.13.png

アカウント連携画面
スクリーンショット 2016-10-09 22.16.34.png

今回はここからLOCALを選択してRancher内部の認証方式を使う。セットアップが終わると管理画面につなごうとすると認証を求められるようになる。
スクリーンショット 2016-10-09 22.22.14.png

これから色々Rancher内部を触って行こうと思う。