Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ruby1.9時代の文字化け対策 (その1)

More than 5 years have passed since last update.

そろそろRuby1.8のノーマルサポートも終了しますしね・・・

デフォルトエンコーディング

default_encoding.rb
# 環境変数$LANGの値
p ENV['LANG'] # => ja_JP.UTF-8 等

# ロケールエンコーディングを決定するために用いる、locale charmap 名
# $LANG > GetConsoleCP(Winのみ)
p Encoding.locale_charmap

# デフォルトの外部エンコーディング
# コマンドラインオプションの -E / -U / -K > RUBYOPT の -E 等 > shebang の -E 等 > locale
p Encoding.default_external #=> #<Encoding:UTF-8>(Mac), #<Encoding:Windows-31J> (Win)

# デフォルトの内部エンコーディング
# コマンドラインオプションの -E / -U > RUBYOPT の -E 等 > shebang の -E 等 > nil
p Encoding.default_internal #=> nil

OSXでの実行結果

"ja_JP.UTF-8"
"UTF-8"
#<Encoding:UTF-8>
nil

$stdin, $stdout, $stderr はEncoding.default_externalEncoding.default_internalの値を参考に出力や入力時のエンコーディングを決定する。

Encoding.default_… の値は Encoding.locale_charmap の値を元に決定し、local_charmapは環境変数LANGの値等を参考に決定される。

File.open 時にエンコーディングが未指定の場合、Encoding.default_externalの値が読み込んだ文字列のエンコーディングに採用される。

設定例

MacやUnixであれば環境変数LANGが適切に設定されていればシェルのエンコーディングと一致するため、特に気にする必要は無いです。

Windowsの場合は、使用するシェル(cmd? cygwin? git bash?)のエンコーディングと環境変数LANGの値を合わせておけば日本語の入出力で化けるようなことが無くなるはず。

続きます。

参考文献

ongaeshi
ソースコード検索アプリのMilkodeとかを作っています。 ブログ http://ongaeshi.hatenablog.com/
http://ongaeshi.me/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした