LoginSignup
8
8

More than 5 years have passed since last update.

Illustratorのアートボードを自動作成するツールを作ってみた。

Posted at

Illustratorのアートボード作成

ツールを切り替えたり、アートボードパネルからカチカチとボタンを押下したり、寸法指定したり、配置したり。。。
これらの繰り返しがとても面倒だと思い、少しは自動化できないものか? と思ったのがキッカケです。

手順

適当な新規ドキュメントを作成しておきます。
image.png
▲今回はiPhone 6s 750 X 1344px で作ってみました。

ExtendScript ToolkitでJSXを実行し、横、縦にそれぞれいくつ作成するか、間隔はどうするかの入力ダイアログを表示させます。
image.png

下図の数値で実行してみます。
image.png

image.png
合計50個のアートボードができました。
気持ちいいくらいに動いてくれます。
間隔も指定した値で作成してくれます。

コードは以下

新規アートボード作成.jsx
mainScript: { //処理中断のためのラベル
    //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    // ドキュメントの有無による処理判別
    //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    try {
        if (app.activeDocument) {
            //alert("OK");
        }
    } catch (e) {
        alert("ドキュメントが開いていません。\r\n新規ドキュメントを作成してから実行してください。");
        break mainScript; //処理を中断
    }

    //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    // ドキュメントとアートボード
    //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    var doc = app.activeDocument; //ドキュメント
    var board = doc.artboards; //アートボード

    var index = board.getActiveArtboardIndex(); //アートボードのインデックス
    //Retrieves the index position of the active artboard in the document's list. Returns the 0-based index.
    var boardRect = doc.artboards[index].artboardRect; //アートボードの座標
    //artboardRect:→Size and position of the artboard.

    //▼座標取得
    var X1 = boardRect[0]; //左上のX座標
    var Y1 = boardRect[1]; //左上のY座標
    var X2 = boardRect[2]; //右下のX座標
    var Y2 = boardRect[3]; //右下のY座標

    //▼アートボードの幅と高さを取得
    var boardW = X2 - X1; //アートボードの横幅
    var boardH = Y2 - Y1; //アートボードの高さ

    //▼キャンバスサイズの最大値を取得
    var canvasLimit = ((16383 - boardW) / 2 + 0.5) + boardW; //キャンバスの左右幅の最大値
    var bottomLimit = ((16383 - boardH) / 2 + 0.5 + boardH); //キャンバスの天地幅の最大値
    //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    // 入力画面ダイアログ
    //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    var flag = false;
    while (flag == false) { //エラーの場合繰り返す
        win = new Window("dialog", "新規アートボード作成", [200, 150, 560, 280]);
        win.center(); //中央に配置

        //▼よこ入力欄
        win.add("statictext", [25, 20, 105, 40], "よこ : ");
        var hNum = win.add("edittext", [70, 20, 115, 45], ""); //よこの数
        win.add("statictext", [120, 20, 135, 40], "");
        win.add("statictext", [170, 20, 245, 40], "よこの間隔 : "); //よこの間隔
        var hSpace = win.add("edittext", [255, 20, 315, 45], "");
        win.add("statictext", [320, 20, 345, 40], "px");

        //▼たて入力欄
        win.add("statictext", [25, 50, 105, 70], "たて : ");
        var vNum = win.add("edittext", [70, 50, 115, 75], ""); //たての数
        win.add("statictext", [120, 50, 135, 70], "");
        win.add("statictext", [170, 50, 245, 70], "たての間隔 : "); //たての間隔
        var vSpace = win.add("edittext", [255, 50, 315, 75], "");
        win.add("statictext", [320, 50, 345, 70], "px");

        //▼キャンセルボタンとOKボタン
        var cancelBtn = win.add("button", [70, 90, 170, 110], "キャンセル", {
            name: "cancel"
        }); //キャンセルボタン
        var okBtn = win.add("button", [200, 90, 280, 110], "OK", {
            name: "ok"
        }); //OKボタン
        okBtn.active = true;

        //▼入力画面ダイアログ表示
        var btnResult = win.show();

        if (btnResult == 2) {
            alert("処理を中断します。");
            break mainScript; //処理を中断
        }

        var totalNum = hNum.text * vNum.text; //アートボードの総数を取得

        //▼入力画面の値を数値に型変換
        var hNumResult = parseInt(hNum.text);
        var vNumResult = parseInt(vNum.text);
        var hSpaceResult = parseInt(hSpace.text);
        var vSpaceResult = parseInt(vSpace.text);

        var totalHSize = (hSpaceResult * (hNumResult - 1)) + (hNumResult * boardW); //よこの総寸
        var totalVSize = (vSpaceResult * (vNumResult - 1)) - (vNumResult * boardH); //たての総寸

        var moveValueH = -(totalHSize / 2 - (boardW / 2)); //よこ座標の移動値
        var moveValueV = (totalVSize / 2 + (boardH / 2)); //たて座標の移動値

        //▼数値入力エラー処理
        if (isNaN(hNum.text) == true || isNaN(vNum.text) == true || isNaN(hSpace.text) == true || isNaN(vSpace.text) == true) {
            alert("数値以外が入力されています。\r\n数値を入力してください。");
        } else if (totalNum > 1001) { // CC 2017 までは100個、CC2018 から1000個まで作成可能
            alert("1000を超えるアートボードは作成できません。\r\n1000以下になるような数値を入力してください。"); //1000を超える数値の場合警告
        } else if (hNum.text == "" || vNum.text == "" || hSpace.text == "" || vSpace.text == "") { //空欄がある場合警告
            alert("空欄があります。\r\n数値を入力してください。");
        } else if (hNum.text < 1 || vNum.text < 1) {
            alert("よこ、たての入力欄には、1以上の数値を入力してください。");
        } else if (hSpace.text < 0 || vSpace.text < 0) {
            alert("よこ、たての間隔には、0以上の数値を入力してください。");
        } else if (totalHSize > 16383 || totalVSize > 16383) {
            alert("アートボードの総寸がキャンバスサイズより大きいです。\r\n再設定してください。");
        } else { 
            //▼上記のエラーがない場合
            var flag = true;

            if (totalHSize > canvasLimit && totalVSize > bottomLimit) {
                var X1 = moveValueH; //移動後の左上のX座標
                var X2 = moveValueH + boardW; //移動後の右下のX座標
                var Y1 = moveValueV; //移動後の左上のY座標
                var Y2 = moveValueV + boardH; //移動後の右下のY座標
                alert('現在のアートボードの位置ではキャンバスサイズからはみ出します。\r\n全てのアートボードがキャンバスの "天地左右" のセンターに配置されるように移動させます。');
                board.insert([X1, Y1, X2, Y2], 0);
                board.remove(1);
                board[0].name = "アートボード 1";
            } else if (totalHSize > canvasLimit) {
                var X1 = moveValueH; //移動後の左上のX座標
                var X2 = moveValueH + boardW; //移動後の右下のX座標
                alert('現在のアートボードの位置ではキャンバスサイズからはみ出します。\r\n全てのアートボードがキャンバスの "左右" のセンターに配置されるように移動させます。');
                board.insert([X1, Y1, X2, Y2], 0);
                board.remove(1);
                board[0].name = "アートボード 1";
            } else if (totalVSize > bottomLimit) {
                var Y1 = moveValueV; //移動後の左上のXY座標
                var Y2 = moveValueV + boardH; //移動後の右下のY座標
                alert('現在のアートボードの位置ではキャンバスサイズからはみ出します。\r\n全てのアートボードがキャンバスの "天地" のセンターに配置されるように移動させます。');
                board.insert([X1, Y1, X2, Y2], 0);
                board.remove(1);
                board[0].name = "アートボード 1";
            }

            //▼アートボード増加処理
            var n = 0;
            for (var i = 1; i < totalNum; i++) {
                if (hNumResult == 1) { //列数1の場合の処理
                    board.add([X1, Y1 + (boardH - vSpaceResult) * i, X2, Y2 + (boardH - vSpaceResult) * i], i); //アートボードの数だけ繰り返す
                } else { //▼列数2以上の場合の処理
                    board.add([(X1 + (boardW + hSpaceResult) * i) - n, Y1, (X2 + (boardW + hSpaceResult) * i) - n, Y2], i); //アートボードの数だけ繰り返す
                    if (board.length % hNumResult == 0) { //列数になったら折り返す
                        //▼2行目以降を下げる指定
                        var Y1 = Y2 - vSpaceResult;
                        var Y2 = Y1 + boardH;
                        if (X1 == 0) {
                            var n = (X1 + (boardW + hSpaceResult) * i) + (boardW + hSpaceResult); //原点座標がX:0,Y:0のとき
                        } else {
                            var n = (boardW + hSpaceResult) * i + (boardW + hSpaceResult); //原点座標がX:0,Y:0ではないとき
                        }
                    }
                }
            }
            //▼アートボードのリネーム処理
            for (var j = 0, boardLen = board.length; j < boardLen; j++) {
                board[j].name = "アートボード " + (j + 1);
            }
            alert("処理が終わりました。");
        }
    }
} 

その他、Illustrator CC 2018 から作成したScriptをアクションに含めることができるようになりました。
以下のディレクトリに作成したJSXを配置します。
C:\Program Files\Adobe\Adobe Illustrator CC 2018\Presets\ja_JP\スクリプト
image.png

Illustrator アクションより、任意のアクション名を付け、記録ボタンを押下、その後、アクションのサブメニューから「メニュー項目を挿入」を選びます。
image.png

WS001.JPG
▲「メニュー項目を挿入」を選びます。

image.png
▲パネルが開くので先ほどスクリプトフォルダに配置したJSX名を入力。

image.png
▲項目が追加されました。
記録を停止します。
※ドキュメントが開いていない場合、ExtendScript Toolkitで実行すると「ドキュメントが開いていません。新規ドキュメントを作成してから実行してください。」と表示されますが、アクションからの実行だと「オブジェクト「新規アートボード作成」は現在使用できません。」と表示されます。

仕様

縦、横、アートボードサイズと間隔を含めたサイズがキャンバス領域を越える場合、アートボードの縦横の総数を収めるように、左右、もしくは天地の中央揃えになるように移動させます。
(アートボード 1を移動させてから新規作成をする)
以下の場合は正しく入力されるまでアラート表示を繰り返します。
・キャンバスサイズに収まらないサイズ指定の場合。
・数値以外が入力された場合。
・よこ、たてのいずれかが「0」の場合。
・よこの間隔、たての間隔のいずれかがマイナス値の場合。
最後に、アートボード名を「アートボード 1」から連番にリネームします。

感想

・アートボードを増加させる数式を割り出すのに苦労しました。
・使い道があるのかは不明ですが手応えを感じます。

課題

・よこ、たての入力値が「1」の場合、間隔値を入力不要にするなどの処理を追加したい。

参考にしたサイト

古籏一浩様のサイト
Illustrator JavaScript Scripting ReferenceCC2017
その他、アートボード作成のJSXを作成しているサイトもありましたが、あまり参考になりませんでした。

※動作確認はWindows10 Adobe Illustrator CC2018でしか行ってませんので責任は負いかねます。

8
8
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
8
8