Edited at

google-translate.el と popwin.el で翻訳作業が捗った件

More than 5 years have passed since last update.


できるようになること

英語の文字列を選択して C-x C-t したら日本語訳が表示される。


環境など

Ubuntu 13.04 と Mac OS X Lion 上の Emacs 24.3 で確認しました。


設定

google-translate.el と popwin.el をインストールします。

どちらも package.el でインストールできるのでそれで。

M-x package-install google-translate

M-x package-install popwin

インストールできたら、次のように設定を書きます。

;; google-translate.el

(require 'google-translate)

;; キーバインドの設定(お好みで)
(global-set-key [(C x) (C t)] 'google-translate-at-point)

;; 翻訳のデフォルト値を設定(en -> ja)
(custom-set-variables
'(google-translate-default-source-language "en")
'(google-translate-default-target-language "ja"))

;; popwin.el
(require 'popwin)
;; おまじない(よく分かってない、、)
(setq display-buffer-function 'popwin:display-buffer)
;; ポップアップを画面下に表示
(setq popwin:popup-window-position 'bottom)

;; google-translate.elの翻訳バッファをポップアップで表示させる
(push '("*Google Translate*") popwin:special-display-config)

これで英文を選択して C-x C-t したら日本語訳がポップアップで表示されるようになります。

ポップアップした翻訳バッファにフォーカスが移ってるので、そのまま訳文をコピーしてもとのバッファに戻ってペーストしたりするといいと思います(そのとき翻訳バッファは勝手に閉じるので邪魔にならない!)。


課題・問題点など


  • 訳文をいちいちコピペするのが面倒なので、直接いまのバッファのカーソル位置に挿入したい。

  • デフォルトの翻訳言語を設定したせいか、他の言語が選べなくなった気がする。


参考ページ