Edited at

ThinkPad X240にUbuntuをインストール

研究室の使っていない中古PCに,Ubuntuを入れて使うことにしました.

研究の前任者と同じ環境を構築したいので,Ubuntu18でなく16.04 LTSをインストールします.

元々本命PCはUbuntuだったので,余裕を持ってインストールすることができたので記事にします.

Ubuntuインストール時に「grub-efi-amd64-signedパッケージを/target/にインストールするのを失敗しました」というエラーメッセージに対処する方法で紹介します.

このエラーはUbuntu18.04でも確認されているようですが,同じように対処できるはずです.


今回の環境


  • マシン : ThinkPad X240


    • プロセッサ : Intel Core i7-4600U CPU @ 2.10GHz*4

    • メモリ : 7.5GiB

    • OS識別 : 64bit

    • ディスク : 495.6GB



  • すでに入ってるOS : ubuntu サーバー

  • 新しく入れたいOS : ubuntu 16.04 LTS


手順


  1. USBを作成

  2. PCを起動し,USBからUbuntuを起動

  3. Ubuntuをインストールした後のWi-Fiの設定


1. USBを作成

僕は16.04でUSBを作成しましたが,最新版の18.04 LTSでする場合の手順を説明します.

まずは,Ubuntu18.04の日本語RemixのISOイメージをダウンロード.

次に,UNetbootinを使って,Ubuntuのインストールに必要なUSBを作ります.このソフトウェアは,Windows,Mac,Linuxで提供されています.

起動したら以下のような画面になるので,



以下のように設定します.



すると先ほどのISOイメージをインストールしたブート用のUSBが作れます."OK"を選択して数分待ってください.



完了したら,USB作成は終わりです.


2. PCを起動し,USBからUbuntuを起動

ThinkPad X240では,起動後,F1キーを押してBIOSに入りましょう.

ここで,「セキュアブート(Secure Boot)を無効」にしてください.

さらに,BIOSでの変更を保存後,USBからUbuntuをインストールする際にはWi-Fiにつながずにインストールをしてください.

これをやっていないと,僕の環境では,インストール中に「grub-efi-amd64-signedパッケージを/target/にインストールするのを失敗しました」と出て,インストーラーが強制終了してしまう不都合が起きました.

あとは,インストーラに任せると,20分ほどでインストールが完了し,再起動後にHDDに上書きされたUbuntuを使用することができます.


3. Ubuntuをインストールした後のWi-Fiの設定

上記の方法で,Ubuntuをインストールしたとき,Wi-Fiが繋げない,繋ぎ方が分からなくなりました.しかし,これは上記の方法でのみ見つかる不都合ではなかったです.

network-manager周りのバグらしいので,解決方法が載っている記事がたくさんありました.

これに関しては,こちらの記事( http://tamflex.hatenablog.com/entry/2016/08/03/131342 )が分かり易かったです.

これで,Ubuntu16.04 LTSでWi-Fiが使えるようになりました.

突然Firefoxが灰色になってフリーズする現象が起こった人は以下のように対処しましょう.

以下のコマンドを端末で打ち込んで,FirefoxをRefreshしてください.1

firefox --safe-mode

これでFirefoxで無事快適なネットサーフィンができるようになりました.

めでたし,めでたし.


まとめ

「grub-efi-amd64-signedパッケージを/target/にインストールするのを失敗しました」と言うのは,Ubuntu16.04のインストールの際にWi-Fiに繋いだ場合に起こる不都合なようです.

参考