Help us understand the problem. What is going on with this article?

片手落ちNTP設定

More than 3 years have passed since last update.

【システムクロックだけntpで設定していい気になっていた】

サーバにはシステムクロックとハードウェアクロックがある

システムクロック→OSが管理しているクロック。電源が落ちると消えてしまう。(OSのメモリ上に存在する)

ハードウェアクロック→マザーボード上にあるクロック。ボード上の電池で動いており、OSが落ちても時刻が保持される。

それぞれ独立して動いているのだが、
OSはシャットダウンすると当然システムクロックの時刻を失うため、次回起動時にはハードウェアクロックを読みに行き、そこから時刻をもらって起動する。

なので、システムクロックとハードウェアクロックは同期させる必要がある。特にシステムクロックだけ設定して、やったぜ!みたいな気になっていると後で痛い目を見る。

まず、時刻を確認する。

date

システムクロックだけ設定するならこう

date -s "yyyy/mm/dd hh:mm:ss"

これでシステムクロックが設定された。

続けて、ntp同期しているかどうか見てみる。

ntpq -p
項目 説明
remote サーバ名 ✳︎がついているのが同期中のサーバ。+がついているのが同期はしていないが参照可能なサーバ。何もついていないサーバとは同期してない。×はfalseticker検査で対象から除外されたサーバー(NTPのアルゴリズム自体が信頼できないと判断された)
refid remoteで表示されたサーバの1つ上のstratum。remoteのサーバの参照先。不明なら0.0.0.0
st stratum。大きいほど階層が下。信頼性の意味では、小さいほうがいい
t 階層の種類
when remote から最後にパケットを受け取ってからの時間
poll ポーリング間隔。サーバと同期している間隔のこと(秒)
reach 到達可能レジスタデータ(8進数)
delay 時間の遅延見積もり(ミリ秒)
offset remote との時刻のずれ(ミリ秒)
jitter remote の分散(ミリ秒)ntpの時刻ズレを統計的に現したもの。小さいほどよい。

システムクロックが合ってなれば、

ntpdate サーバ名

で時刻同期させる。サーバどうこうの話は他のサイトを参照ください。

ハードウェアクロック

ハードウェアクロックが合っているかどうか見る

hwclock

合っていなければ、

hwclock --systohc

で同期させる。

UTCとローカルタイム

hwclockは、自分が世界標準時刻を使用しているか、ローカルタイムを使用しているか分かるらしい

okiami123
日々困ったことを綴ります 自分で忘れないために
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした