Help us understand the problem. What is going on with this article?

初心者向けApache設定ファイルの見方

More than 3 years have passed since last update.

ドキュメントルート(Document Root)

DocumentoRoot = http://localhost/
で置き換えられる部分のこと

DocumentRoot: /var/www/aaa
Request URL: http://localhost/index.html
実際のファイル: /var/www/aaa/index.html

サーバルート(Server Root)

Apacheが使用する様々な設定ファイルなどが置かれているディレクトリのこと

/etc/httpd/conf/httpd.conf内で相対パス記載されているものは、サーバルート以下で探すと見つかる

httpd.conf

Apacheの設定ファイル。
Directive(指示という意味)という構文を使って書かれている
- ディレクティブは1行につき1つ
- 大文字小文字の区別はない

ディレクティブ

ディレクティブは
全体の設定値(Apache全般に関わる設定)と
範囲指定の設定値(一部のファイル、ディレクトリ、モジュールに関する設定)
の2種類に分かれる

モジュール

Apacheはモジュール化されているので、機能を拡張するには、コアサーバにモジュールをロードさせなければならない。
モジュールはLoadModuleディレクティブを使用して追加できる
モジュールの設定はを使って、対象のモジュールが存在したときだけ、設定を反映させることができる

セクションコンテナ

ディレクティブで範囲指定を行うために、セクションコンテナを使う
例えばディレクトリのセクションコンテナなら

<Directory />
       Deny from All(ディレクティブの内容)
</ Directory>

その他のセクションコンテナは、

Directive mean
Directory \ 〜</ Directory>のように、具体的なディレクトリを指定して使う。ワイルドカードを使用することもできる
<Directory
Match>
正規表現で指定されたディレクトリとサブディレクトリに適用される。<DirectoryMatch "^.*b$">
<Files> ファイルを指定する
<FilesMatch> 正規表現に一致するファイルを指定する
<Location> URLとして送られた文字列に適用される
<Location
Match>
URLに対する正規表現に適用される

ディレクティブの中身

Option mean
AllowOverride .htaccessで設定を上書きする、しない
Options 追加したいオプションをスペース区切りで続けていく
Order allow
,deny
アクセス制限関連
okiami123
日々困ったことを綴ります 自分で忘れないために
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした