homebrew
awscli

brewでAWS CLIのインストール

MacにHomebrewでAWSのCLIをインストールする。

brewのアップデート

$ brew update

$ brew search aws
==> Searching local taps...
aws-apigateway-importer    aws-elasticbeanstalk       aws-sns-cli
aws-as                     aws-keychain               awscli
aws-cfn-tools              aws-mon                    awslogs
aws-cloudsearch            aws-sdk-cpp                kube-aws
aws-elasticache            aws-shell                  yaws

CLIのインストール

$ brew install awscli

確認
$ aws --version
aws-cli/1.14.30 Python/3.6.4 Darwin/16.7.0 botocore/1.8.34

環境変数の設定

$ vi ~/.bash_profile

以下を追記
export PATH=~/.local/bin:$PATH

アクセスキーの設定

$ aws configure
AWS Access Key ID [None]: AKIAIOSFODNN7EXAMPLE  (自分の)
AWS Secret Access Key [None]: wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY  (自分の)
Default region name [None]: ap-northeast-1  (東京リージョン)
Default output format [None]: json  (空だとJSON)

ロールの切り替え

プロファイルの設定

設定ファイル(~/.aws/config)にロールの情報を記述します。

[profile プロファイル名]
output = json
region = ap-northeast-1
role_arn = arn:aws:iam::操作対象のAWSアカウントID:role/ロール名
source_profile = default
$ vi ~/.aws/config

[profile hoge]
role_arn = arn:aws:iam::069581120308:role/role-name
region = ap-northeast-1
source_profile = default

動作確認

$ aws ec2 describe-instances --profile hoge
実行中のインスタンスが表示される

デフォルトプロファイルの設定

何度もプロファイルを指定するのが面倒であれば、

$ export AWS_PROFILE=hoge

とすれば、シェルセッションの終了時までプロファイルが固定される。