Ubuntu
WindowsSubsystemForLinux
WSL

Windows Subsystem for Linuxインストール手順


はじめに

2回目でWindows Subsystem for Linuxをインストールした時もGoogleから始まりましたので、手順をメモしておきます。


まだ、今回インストールしたのはUbuntu 18.04 LTSです。


環境

Windows 10 バージョン1809


手順


Windows Subsystem for Linux機能の有効化


  • 管理者権限でPowershellを起動

    左下のWindowsアイコンを右クリックし、「Windows PowerShell(管理者)」をクリックします。


  • 下記Windows Subsystem for Linux機能の有効化コマンドを実行します。


  Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux


  • Windows再起動

    再起動するかが聞かれますので、Yキーを押して再起動します。


Ubuntuをインストール


  • 「Microsoft Store」を起動し、「Ubuntu」を検索します。

  • 「Ubuntu 18.04 LTS」を開きます。

  • 「入手」をクリックすると、自動的にダウンロードされます。 

  • ダウンロード完了通知が来ましたら、「起動」をクリックします。

    起動したら、下記内容が表示され、ユーザー名とパスワードを入力してインストールを完了します。


  Installing, this may take a few minutes...

Please create a default UNIX user account. The username does not need to
match your Windows username.
For more information visit: https://aka.ms/wslusers
Enter new UNIX username: user
Enter new UNIX password:
Retype new UNIX password:
passwd: password updated successfully
Installation successful!
To run a command as administrator (user "root"), use "sudo <command>".
See "man sudo_root" for details.

user@t303ua:~$


  • ubuntuの更新

    下記コマンドでubuntuを更新します。パスワードが聞かれますので、上記入力したパスワードを入力します。

sudo apt update

sudo apt upgrade -y


参考資料