Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Site24x7 の RUM ってなんじゃらほい

More than 1 year has passed since last update.

Site24x7 の RUM ってなんじゃらほい

Site24x7 には色々な監視機能がありますが、その中の一つに RUM って書いてあるやつがあります。
ラムってあれですかね、羊とかお酒とか・・・綴り的には、酒ですよね・・・
今日は天皇誕生日ですが、自分も誕生日なのでゆるゆるとやってみます。

RUM = Realtime User Monitoring

ってことらしいです。
感じとしては、Google Analytics ぽいものなんでしょうかね。

使ってみる

RUM_001.png

ログインした後、RUM 選びましょう。

RUM_002.png

アプリケーションの追加 を押します。

RUM_003.png

とりあえず、アプリケーション名 だけ打ち込んで、保存 を押します。

RUM_004.png

スニペットが出てくるので、これを自分のページの HTML などにコピペします。
とりあえず、これで事前設定は終わりですね。

レポートの確認

リアルタイムと書かれていますが、実際のアクセスから数分のラグはあります。
そのため、最初データが入ってくるまで少し待つ必要があります。

サマリ

RUM_005.png

データ取れてますね。

  • リダイレクト時間
  • DNS time
  • Connection time
  • ドキュメントダウンロード時間
  • サーバーの時間
  • 先頭バイト到達時間(FirstByteTime)
  • ページレンダリング時間
  • ドキュメントレンダリング時間
  • 全体の応答時間

まぁまぁの細かさで出てきますね。
これ見ると、Newreric とか思い出します。

リージョン

サマリの方でもマップは切り替えられますが、リージョンの方でも切り替えてみることができます。
ただ、これ、世界 米国マップ ヨーロッパ インド オーストリア しかないですよね・・・ここは日本・・・

RUM_006.png

ISP

ISP 別に応答時間が見られるようになっています。
とりあえず、テストしただけなので、うちで使ってる ISP の上位の IIJ が出てますね。

RUM_007.png

ブラウザー

どんなブラウザでアクセスがきてるのか表示されます。
ブラウザのバージョンなんかも見られるようです。

RUM_008.png

装置タイプ

装置っていうと微妙ですが、マシンを訳すとそうなるんですかね。
端末タイプという方が言い方としては多いような気もします。

RUM_009.png

Webページ

サイトのどのページにアクセスしてきたのかを見られるようです。
テストなんで、トップページのみになってます。

RUM_010.png

リソース

ドメインごとのスループットとか見られます。
比較したいサイトに同じタグ貼り付けたらいい感じなんですかね。

RUM_011.png

AJAX呼び出し

すいません、今回は AJAX 使ってないので、何も出てません・・・
AJAX でどれくらい処理時間かかってるかとか見られそうな感じですね。

RUM_012.png

JavaScriptエラー

これも今回、24x7のタグ以外は JavaScript 入れてないので計測できてませんね。

RUM_013.png

スナップショット

スナップショットは時間のかかったものの統計ぽいですね。
今回は、テスト時間も短かったので何も出てないです。

RUM_014.png

まとめ

一通り見た感じでは、機能的な不足は余りないように思いました。

ただ、翻訳が微妙な箇所はそこそこありましたね。翻訳されてないとこも多いですし。
後、RUM ではないですが、インストールスクリプトのコマンドラインの内容が間違っていたりするのも散見されました。
Zoho もプロダクトが増えて追いついてない感じなんですかね。

okaru
南の島でぼちぼちインフラエンジニアなどやっています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away