C#
.NETFramework

Entity Framework を利用するため設計上の注意

More than 3 years have passed since last update.

Entity Framework で楽をするための注意点と自動生成されるクラスの扱いなど。

(データベースファーストの場合)


テーブル


  • 主キーが必須

  • エンティティの関連を自動でマッピングするためには外部キーの設定が必須。

  • 関連の自動マッピングを使わない場合、join 等のクエリーは自前で記述し、対応するEntity|DTOへのマッピングも自前で記述する。

  • テーブル名、列名はPascalCase か lower_snake_case にする必要がある。 (名前変換機能はない)


    • CSコード上で UPPER_SNAME_CASE (SCREAM_CASEとも)が気にならないのであれば、この制限不要。



  • DbContext に定義するDbSetにエンティティ名が必要(DbSetなど)なため、テーブル構造を継承したエンティティを作成しづらい。


ストアドプロシージャ


  • 自動で結果行クラスを作成する場合 動的クエリー、一時テーブルが利用できない。


生成されたDbContext


  • データベースから自動生成するとDbSet とストアドプロシージャとファンクションがすべてDbContextのメンバーとして定義される


追記

テーブル名をローマ字にすると自動生成した関連のプロパティが テーブル名 + "s" となってとっても間抜けな感じ。

Jugyouin -> Jugyouins とか。