Edited at

raspberry pi 1でtensrorflow lite その20


概要

raspberry pi 1でtensorflow liteやってみた。

マイク入力を扱うので、alsaを叩いてみた。

ラズパイで、リアルタイム処理してみた。

sdrをやってみる。

AMラジオ受信機やってみる。


SDRとは。

ソフトウェア無線(Software-defined radio)とは、

電子回路(ハードウェア)に変更を加えることなく、制御ソフトウェアを変更することによって、無線通信方式を切り替えることが可能な無線通信、又はその技術

具現化した受信機は、アンテナと同調は、回路を組むが、それ以降は、ノートパソコンで、マイク入力して、ソフトウェア処理して、スピーカーから出力する。


AMラジオ受信機の構成

スーパーヘテロダイン方式。

ローカルオシレーターとミキサーで1000kHZのAM波を450kHZの中間周波数に落として増幅して復調する方式。


今回製作する方向

スーパーヘテロダインの中間周波数に、445KHZの発信機とミキサーを追加して、5KHZの信号を取り出して、ラズパイでマイク入力して、tensorflow liteで復調して、スピーカー出力する。

以上。