jsdo
ADSR

概要

jsdoで、ADSRやってみた。

ADSR

エンベロープの構成要素を A、D、S、R と言う。

エンベロープとは、一般的な語彙としては封筒などのことだが、信号処理などではなんらかの波形の山と山の頂点をつないだ「包絡線」やその形状のことを指す。
楽器としてのシンセサイザの場合、次のような、アコースティック楽器の音に見られる特徴的な形状をモデル化・パラメータ化し制御するものが多く、まとめて「ADSR」と呼ばれている。

Attack(立ち上がり)
演奏開始からその音声の最大音量に到達するまでの時間を設定するパラメータ。0秒に設定すればいきなり最大音量になり、ピアノやギター、或いは打楽器の音声と同じになる。
Decay(減衰)
Attackで到達した最大音量から、Sustainレベルに移行するまでの時間を設定するパラメータ。
Sustain(減衰後の保持)
Decayの後、演奏が続いている限り出る音量を設定するパラメータ(これだけは時間的変化ではなく量の設定パラメータとなっている)。
Release(余韻)
演奏を終了した(鍵盤の鍵を離した)時点から、音が鳴り終わるまでの時間を設定するパラメータ。ピアノなどの生楽器でのSustainに相当する。

写真

成果物

http://jsdo.it/ohisama1/2k2b

以上。