GoogleHome
PORTDay 19

オレオレGoogle Homeしたいので、仕様確認&設計方針を考えてみた

PORT Advent Calendar19日目の記事です。
好きに書いていいというので、好きに書きます。

最近、Google Home miniを買ったので、機能確認&設計方針考えてみました。

Google Homeの基本仕様

  • マイクでの音声認識
    • 割りと精度良く認識してくれる感触
    • スマホのGoogleAssistantがいまいちな分、ちょっと感動を覚える
  • 音声による応答
  • 簡素なLEDのインターフェース
  • タップによる簡単な操作
  • wifiによる無線接続
  • Bluetoothスピーカーとして使う
  • 音楽再生
    • miniでもそれなりに聞ける。但し、迫力を求めるとminiじゃないほうがいいと思う
    • とはいえ、音源が一つなのでステレオを求めるならChromecast audioと連携をめざした方がいいと
  • USBによる給電(※miniのみ)miniじゃないほうはAC電源
    • バッテリー駆動でないため、常時給電は必要あり
  • Voice Matchによるユーザの声認識
    • ちゃんとユーザを認識してくれるすごい
  • 他サービス連携
    • 標準でGoogleのカレンダーやメモ、メールと連携
    • 声認識でその人のデータのみアクセスできる
  • ショートカット機能で好きなワードで反応するように

設計方針

  • pull系(自分から声をかける)で
    • googleのサービスで実現できる場合は
      • 多分標準機能で実現可能
    • サービス(twitterとか)と連携したい(一言で終わる)場合は
    • 会話したりインタラクティブに動作させたい場合
    • 自分が書いたコードを動かしたい
    • IoTに対して何か命令を出したい
    • 受け答えできる嫁を作りたい
  • push(Google Homeから通知)系
    • まだ機能としてはリリースしていない
    • Google Homeが複数設置してある場合の通知場所の設定方法が不明(要学習)

感想

DialogFlowしゅごいので近いうちに使い倒したい
記事まとめていくなかでオペ子作れる感じがした
インタラクティブに話せるGoogleHomeちゃん作りたい