Help us understand the problem. What is going on with this article?

OSSライセンスに関するFAQサブグループのご紹介

こんにちは。富士通株式会社の大内です。
Advent Calendar 4日目は、FAQサブグループの活動を紹介します。

活動成果

 FAQサブグループでは、「OSSライセンス関連でよくある誤解」というタイトルのFAQを作成して公開しています。今年の7月に公開したバージョン3では、20個のQAを掲載しています。
 下記URLの「成果物 / Outcomes」から「FAQ」をご参照ください。
  https://wiki.linuxfoundation.org/openchain/jwg_outcomes_page

 今回は、このサブグループを立ち上げたきっかけや、活動内容を紹介したいと思います。

きっかけ

 私は知財部門に所属しており、OSSに関しては、ライセンス条件を遵守するためのガイドラインや教材等を作成して、社内の開発部門を支援しています。

 ある時、1年間程、一緒に活動していたプロジェクトの営業さんと、立ち話しでライセンスのことを話していたところ、
「製品の使用許諾書には、改変したり、配布したりしてはいけないって書いてあるからできないけど、OSSは禁止って書いてないから、自由に改変したり、配布したりできるってことですよね。」
と言われました。

 「エッ!、そこが分かってなかったの?」
 「禁止って書いてなくても、やっていいって書いてなかったら、改変したり、コピーしたものをお客様へ配布したりできないんですよ!!」

 インターネットから無償でダウンロードできるソフトウェアには、OSS以外にも様々な条件のものがあるため、著作権の基本事項がきちんと分かっていないと間違いを起こしてしまいます。
 社内教育では著作権の基本事項を説明していますが、技術者の中にも、OSSを利用する際、著作権がどのような場面で関係してくるのか、きちんと理解できていない人がいるかもしれません。
 そこで、社内外のセミナーでよくある質問や、開発者が誤解してそうな内容を簡単にまとめて紹介したら面白いかなと思い、いくつかのQAを作成してみました。

 このQAをOpenChain Japan WGの全体会合で紹介したところ、「各社に共通する内容だ!」と共感してもらいました。そしてサブグループを立ち上げてQAを更新、ブラッシュアップしていくことになりました。
 2018年10月18日にキックオフを行い、現在、26名が参加しています。

活動方針

 QAの作成は、以下の方針としました。

 1. 対象者は、著作権やOSSライセンスにあまり詳しくない技術者とする。
 2. 各社に共通する一般的な内容を作成する。
 3. ビジネスの背景により判断が分かれる内容は記載しない。
 4. IPA、SOFTIC、OSSコミュニティ等から関連するドキュメントやサイトが公開されている場合は、本QAでの詳細説明は行わず、参照するドキュメントを記載する。
 5. 公開する前に弁護士レビューを受ける。

 また、サブグループのメンバーは、様々な会社の人から構成されており、経験しているビジネスも異なるため、本音で会話できるようにChatham House Rule(会話した内容は利用できるが、誰が言ったかは口外しない)を採用することにしました。

FAQフォーマット

 技術者は、開発に忙しいですし、法律っぽい解説書にはあまり興味を持ってもらえません。そこで、簡単にポイントが分かるように、QAのフォーマットを以下の構成とし、PowerPointにまとめることにしました。
 (1)タイトル
 (2)質問
 (3)はい/いいえの回答
 (4)解説

 FAQを公開する際のライセンスは、CC0-1.0(パブリックドメイン)ですので、各社が自社のビジネスに合わせて自由に複製、改変して教育等で利用することもできます。
image.png

コミュニケーション

 サブグループでのQAの検討は、OpenChain JAPAN WGとは別にSLACKを立ち上げ、QAの候補案を集め、参加者がコメントする運用としました。

しかし、実際に開始してみると、コメントが出るタイミングがバラバラのため、QAがいつFIXしたかを判断するのが難しく、また、QAが出された背景を共通認識していないとポイントがズレてしまうということが分かりました。
 そこで、現在は、SLACKでコメントを出し合った後、オフ会で最終レビューする運用としています。

オフ会を開催してみると、参加者が経験しているビジネス分野が異なるため、自分が想定していなかった経験談を聞いて新たな気付きがあったり、技術と絡めたライセンスの解釈を聞くことができたりして、とても勉強になります。何より、ライセンス遵守という共通課題を持ったメンバーと会話するのは、とにかく面白いです。

 先日もオフ会を開催し、近日中にバージョン4を公開する予定ですので、ぜひ、ご活用ください。また、掲載希望のQAがありましたら、ご連絡願います。

参加のお誘い

 OSSライセンスについて勉強したい、あるいはライセンス条件を遵守するための活動に貢献したいという人は、ぜひ、FAQサブグループにご参加いただけますと幸いです。

参考

 FAQサブグループは、オープンソースライセンス研究所とコラボしています。
 こちらの研究所からは、一般的なQAに加えて、著名なライセンスに関するQAも公開していますので、こちらもご活用ください。

 ・下記URLの「公開資料」から「OSSライセンス簡単FAQ」を参照
  https://www.osll.jp/outline/reference/#_33

明日のテーマは

 明日のテーマは、「Toolingサブワークグループの活動紹介」です。
 担当は、いつも元気に分かりやすくツールの説明をしてくださる小林さんです。
 どんなツールがあるのか、楽しみです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした