Rails
pry
Gem

Rails 開発を円滑に進めるための gem 3選

More than 3 years have passed since last update.

bullet

https://github.com/flyerhzm/bullet

Gemfile
gem 'bullet', group: :development

Rails で不意に起こりがちな N+1 問題を検出してくれる gem。ステージング環境のちょっとしたデータなら問題無いけど、本番環境の膨大なデータになると一気に問題が顕在化してしまう、なんてことを予防するために入れておきましょう。

rack-mini-profiler

https://github.com/MiniProfiler/rack-mini-profiler

Gemfile
gem 'rack-mini-profiler', group: :development, require: false

controller、model、view のどの辺の処理に時間がかかっているかを教えてくれます。パフォーマンスをチューニングする時の手助けとなってくれるかもしれません。

pry−rails

https://github.com/rweng/pry-rails

Gemfile
gem 'pry-rails', group: :development

irb には無いコマンドを提供してくれたり、柔軟なコンソールを使わせてくれます。色々たくさんコマンドがあるんですが、わたしがよく使うのは次の3つです。(コンソール上で help と打つとどんなコマンドが使えるか教えてくれます。)

(1)hist(履歴の表示)

pry(main)> hist
 1: help
 2: show-routes
 3: show-source User

(2)show-source <クラス名>(ソースの表示)

pry(main)> show-source User

class User < ActiveRecord::Base
  belongs_to :company
   :
   :

※エイリアスが割り当てられているので $ User としても同じ結果が得られます。

(3)show-model <モデル名>、show−models(モデルの情報を表示)

特定のモデル情報を表示
pry(main)> show-model User
User
  id: integer
  created_at: datetime
  updated_at: datetime
  name: string
  nickname: string
      :
      :
全てのモデル情報を表示
pry(main)> show-models
User
  id: integer
  created_at: date
      :
      :

Company
  id: integer
  created_at: date
      :
      :