Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ethereumクライアント「Geth」を試してみる

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Ethereumを利用する場合、EthereumのP2Pネットワークに参加することで、
採掘をはじめ、送金やスマートコントラクトの作成などが可能になります。
Ethereumクライアントはいくつかの選択肢がありますが、
「Geth」というGoによって実装されたCUIクライアントが推奨されており、
今回は手元のMacにGethのインストールと実行を試してみました。

Gethインストール

インストール

(VERSION:1.6.7-stable-ab5646c5)
MacのHomebrewを使うことで簡単にインストールすることができます。
(ソースから異なるversionをインストールする場合は、このページの「ソースからインストール」を参照)

$ brew tap ethereum/ethereum
$ brew install ethereum

genesis.jsonの作成

eth_privateディレクトリを任意の場所に作成し、
その下にgenesis.jsonという名前のファイルを作成します。

mkdir /Users/hoge/eth_private
vim /Users/hoge/eth_private/genesis.json
genesis.json
{
"config": {
        "chainId": 42,
        "homesteadBlock": 0,
        "eip155Block": 0,
        "eip158Block": 0
},
"nonce": "0x0000000000000042",
"mixhash": "0x0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000",
"difficulty": "0x400",
"alloc": {},
"coinbase": "0x3333333333333333333333333333333333333333",
"timestamp": "0x0",
"parentHash": "0x0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000",
"extraData": "0x",
"gasLimit": "0x8000000",
}

ジェネシスブロック生成

genesisファイルを作成したら、ブロックチェーンの情報を初期化します。

geth --datadir /Users/hoge/eth_private/ init /Users/hoge/eth_private/genesis.json

実行時に下記のようなエラーが起こる場合は、genesis.jsonが間違っている場合があるようです。
Fatal: invalid genesis file: json: cannot unmarshal hex string of odd length into Go struct field Genesis.extraData of type hexutil.Bytes
Fatal: invalid genesis file: json: cannot unmarshal hex string without 0x prefix into Go struct field Genesis.extraData of type hexutil.Bytes

アカウントの作成

コンソールに入る

geth --networkid "42" --nodiscover --datadir "/Users/hoge/eth_private" console 2>> /Users/hoge/eth_private/geth_err.log

Welcome to the Geth JavaScript console!

ブロック情報を表示する

GenesisブロックがmyGenesis.jsonに記載されたものになっているのを確認。

> eth.getBlock(0)
  difficulty: 1024,
  extraData: "0x",
  gasLimit: 134217728,
  gasUsed: 0,
  hash: "0x6231b02ac967dff9b0c799e956094408959de862d720d08776302ffefba0300b",
  logsBloom: "0x0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
> eth.accounts
[] <--空っぽ

アカウントの作成

personal.newAccount(“password”)という形式のコマンドで
アカウントを作成することができます。ここでは送金用と入金用に2つ作成します。

#アドレス1の作成
> personal.newAccount("hoge1")
"0xc6f8195a58e3c10ca3aa852571acea14347b8f37"

#アドレス2の作成
> personal.newAccount("hoge2")
"0x1a6da2f1d1588794174ab8ce0e3be6f6eb9c715b"

#アカウントの確認(2個できた!)
> eth.accounts
["0xc6f8195a58e3c10ca3aa852571acea14347b8f37", "0x1a6da2f1d1588794174ab8ce0e3be6f6eb9c715b"]
> 

残高確認とマイニング

#マイニングに使うアドレスを確認する
eth.coinbase

#1個目のアドレスの残高を確認する
> eth.getBalance(eth.accounts[0])
0

#採掘を開始する
> miner.start()
null

#ハッシュレートを確認する(0でなければ、採掘が進んでいる)
> miner.getHashrate()

#採掘を停止する
> miner.stop()
true

送金

口座をアンロックする

> personal.unlockAccount("0xc6f8195a58e3c10ca3aa852571acea14347b8f37", "hoge1")
true
> personal.unlockAccount("0x1a6da2f1d1588794174ab8ce0e3be6f6eb9c715b", "hoge2")
true

残高を確認(account[1]には残高がない状態)

> eth.getBalance(eth.accounts[0])
8.85e+21
> eth.getBalance(eth.accounts[1])
0

送金する

> eth.sendTransaction({from: "0xc6f8195a58e3c10ca3aa852571acea14347b8f37", to: "0x1a6da2f1d1588794174ab8ce0e3be6f6eb9c715b", value: web3.toWei(1, "ether")})
>0x6725961673895d75e566a045289448cf1a471465a8009a7bbea0acfe277e75f0

ペンディングトランザクションを確認する

> eth.pendingTransactions
[{
    blockHash: null,
    blockNumber: null,
    from: "0xc6f8195a58e3c10ca3aa852571acea14347b8f37",
    gas: 90000,
    gasPrice: 18000000000,
    hash: "0x6725961673895d75e566a045289448cf1a471465a8009a7bbea0acfe277e75f0",
    input: "0x",
    nonce: 0,
    r: "0x1c5bf8c004e48577fdc31ceda17eeabdd5531986a14836256558a70dd687f9d6",
    s: "0x49152ec6d901a8fae381f33410b1c091a080de3dce0dfe2fe1ebd4845297c0f8",
    to: "0x1a6da2f1d1588794174ab8ce0e3be6f6eb9c715b",
    transactionIndex: 0,
    v: "0x1c",
    value: 1000000000000000000
}]

gas:トランザクション処理時のgasの最大値
gasPrice:トランザクション処理時に支払う1gas当たりの手数料(wei)

採掘スタート

> miner.start()
null

ハッシュレートが0でなければ、採掘が開始されている

> eth.hashrate
6945

残高を見ると送金が完了している

> eth.getBalance(eth.accounts[0])
8.879e+21
> eth.getBalance(eth.accounts[1])
1000000000000000000

単位

デフォルトでは単位はwei。
> web3.fromWei(eth.getBalance(eth.accounts[1]),"ether")
> web3.fromWei(eth.getBalance(eth.accounts[1]),"finney")
> web3.fromWei(eth.getBalance(eth.accounts[1]),"szabo")

RPC接続

一旦コンソールを抜ける

> exit

再度rpcportなどを指定した上で、コンソールを再度起動する

> geth --networkid 42 --mine --minerthreads 2 --identity "sampleNode" --rpc --rpcport 8575 --rpcapi "web3,eth,net,personal" --rpccorsdomain "*" --rpcaddr "0.0.0.0" --datadir "/Users/hoge/eth_private" --nodiscover --networkid 10 console 2>> /Users/hoge/eth_private/geth.log

開発時にはアカウントをアンロックしておくために--unlock 0,1をつけると便利(上で作成した0番目と1番目のアカウントをアンロックするという意味)

> geth --networkid 42 --mine --unlock 0,1 --minerthreads 2 --identity "sampleNode" --rpc --rpcport 8575 --rpcapi "web3,eth,net,personal" --rpccorsdomain "*" --rpcaddr "0.0.0.0" --datadir "/Users/hoge/eth_private" --nodiscover --networkid 10 console 2>> /Users/hoge/eth_private/geth.log

他のコンソールからlocalhostにcurlしてみる

curl -X POST http://127.0.0.1:8575/  --data '{"jsonrpc":"2.0","method":"web3_clientVersion","params":[],"id":1}'

> {"jsonrpc":"2.0","id":1,"result":"Geth/sampleNode/v1.6.7-stable-ab5646c5/darwin-amd64/go1.8.3"}

Browser-Solidityから接続してみる

https://ethereum.github.io/browser-solidity/

上でツールを開いて、EnvironmentをWeb3Providerに設定 => http://127.0.0.1:8575 を入力すると接続

スクリーンショット 2017-08-03 14.37.16.png

livenetに接続する

mkdir /Users/hoge/livenet_data
geth --datadir "/Users/hoge/livenet_data" 2>> /Users/hoge/livenet_data/e01.log

接続数をみる

net.peerCount

そのほか

ソースからインストール

「eth_compilers, eth_compileSolidity are gone in go-ethereum 1.6.0」
https://github.com/ethereum/go-ethereum/issues/3793

1.6.0以降から挙動が変わっている。
1.5.5を使用する場合は、ソースからインストールする。

#アンインストール
brew uninstall ethereum

#go-ethereumには gmpとgoが必要
brew install gmp go

#cloneする
git clone https://github.com/ethereum/go-ethereum
git checkout refs/tags/v1.5.5

#コンパイル
make geth
./build/bin/geth version
sudo cp build/bin/geth /usr/local/bin/
which geth

#バージョン確認
geth --version
VERSION:
   1.5.5-stable-ff07d548

#solidityをインストールする
brew install solidity
brew linkapps solidity

#gethの中で下記を実行するとSolidityが返ってくる
> eth.getCompilers()
["Solidity"]

ノード間通信

http://ethereum.clock-up.jp/contents/admin/peer

EthereumExplorer

取引履歴を確認するためのツール

git clone https://github.com/etherparty/explorer
npm start

デフォルトは下記設定になっているので、gethのIPやportを編集したい場合はここを編集する

explorer/app/app.js -> eth_node_url = 'http://localhost:8545'

参考

https://book.ethereum-jp.net/first_use/installing_geth.html

oggata
iPhoneゲームの制作をしています。3Dで描かれた動物をモチーフにしたパズルゲーム、ネコダンなど。愛車HARLEY-DAVIDSON-XL1200R. http://oggata.tumblr.com
http://oggata.tumblr.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした