Help us understand the problem. What is going on with this article?

iPad mini5とRaspberry Pi ZeroをUSBで繋いでみた

はじめに

iPad ProとRaspberry Pi4をUSB-C経由で接続するのが流行っている?のでしょうか…
https://www.raspberrypi.org/blog/connect-your-raspberry-pi-4-to-an-ipad-pro/

残念ながらiPad ProもRaspberry Pi4も持っていません

でもRaspberry PiをUSB経由で接続するといえば、Raspberry Pi Zeroです
手元にあるiPad mini5とRaspberry Pi Zero WをUSB経由で繋げてみました

使うもの

  • iPad mini5
    • Lightning端子のiOSなら大丈夫だと思います
  • Raspberry Pi Zero W
    • Raspberry Pi Zeroでも良いです
  • 純正 Lightning USB 3 カメラアダプタ
  • モバイルバッテリー等外部電源

準備

Raspberry Pi Zero Wは以下の記事等を参考にconfig.txtとcmdline.txtを修正しておきます
Raspberry Pi ZeroをUSBケーブル1本で遊べるようにする

接続

下のような感じでそれぞれを接続します
iPad mini5 -- Lighitning USB 3 カメラアダプタ -- Rapberry Pi Zero W
                         -- モバイルバッテリー 

B07E6F4F-D0CD-4DE6-9BF1-54D707AB5D37.jpeg

Lightning端子からだと外部USB機器へ十分な電力を供給できないためLightning USB 3 カメラアダプタにモバイルバッテリー等の外部電源が必要と思います

確認

iPad側の設定アプリを開きます
いつもは見慣れないEthernetの項目が表れて、インターフェイスとしてRNDIS/Ethernet Gadgetが認識されています
FE47C7F8-8A9B-4DA9-BD0C-756418CC029E.jpeg

この状態でSSHアプリからRaspberry Pi Zeroに接続できるようになります
ユーザー名等初期値の場合は pi@raspberry.local でログインできます

ifconfigで見ると、usb0というインターフェイスができています
535DA6F3-B2B4-4E50-B46F-B91DC14E32D0.jpeg

未解決

この状態だとiPadとRaspberry Piが直接接続されているだけなので、Raspberry Piはインターネット側に出れません…
iPadのインターネット共有を経由させればいいのかなぁ?
Raspberry Pi Zeroだとモバイルルーターとか無線LANのアクセスポイントへの接続を設定すれば、そこからインターネット側に出れますが…あんまりスマートじゃないですね…

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした