Bash
iTerm2
Karabiner
キーバインド

Bashのコンソールで単語移動するショートカット

2018/2/17追記
1文字進める/戻る、直前/直後の1文字を削除、を追加した。


(Vimに慣れてしまうと)キーボードの矢印キーの利用はできるかぎり避けたくなる。
コンソールでは、bashのデフォルトでショートカットキーが設定されているのでそれを使う。

カーソル移動系

キー 動作
Ctrl + A カーソルを行頭へ
Ctrl + E カーソルを行末へ
Ctrl + B カーソルを1文字戻る
Ctrl + F カーソルを1文字進める
ESC + F カーソルを1単語先に進める
ESC + B カーソルを1単語戻す

カーソル位置から所定の文字列を削除

キー 動作
Ctrl + K カーソル位置から行末までを削除
Ctrl + U カーソル位置から行頭までを削除
Ctrl + U カーソル位置の直前の1文字を削除
Ctrl + U カーソル位置の直後の1文字を削除
Ctrl + W カーソル位置から単語の先頭までを削除
Ctrl + D カーソル位置の文字を削除

なお、このショートカットキーは、bash以外でも多くのMacアプリの入力フォームで利用できる。
(なぜか、Ctrl + Aは大抵効くが、Ctrl + Eは効かないことが多い)

おまけ

ESCをモディファイアキーとして使うのは辛いので、iTerm2のエスケープシーケンスでESC→optionに変更。
これにより以下のショートカットが利用できる。

キー 動作
Opt + F カーソルを1単語先に進める
Opt + B カーソルを1単語戻す

以上

参考
Macでターミナルを使うときはショートカットキーを覚えよう!!
http://yonchu.hatenablog.com/entry/20110214/1297662332
Mac のターミナルの Bash に単語単位カーソル移動のキーバインド設定をする
http://voidptr.seesaa.net/article/395408528.html