PowerPointで数式を打ちたい時のショートカットキー

  • 14
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

はじめに

Office(特にWordとPowerPoint)で数式を入力するとき,ショートカットキーを知っているのと知らないのとでは入力効率が大きく異なりますよね.
WordならLaTeXを使えよ,って話もありますし,「いやオイラはWordを使うんだ!」って人もショートカットキーがAlt + =,言い換えるとAlt + Shift + -と割とよく知られているので苦労しないと思います.
しかしスライドはLaTeXで作るのは面倒だと思います(マサカリが飛んできそう)が,なぜか,PowerPointのショートカットキーがググっても出てこないんです.なぜなんでしょうか.多分私のググり力が足りないんでしょうね.

よくある解決策

まず割とよくある解決策として知られている(らしい)方法を紹介します.
[ファイル]→[オプション]→[クイックアクセスツールバー]にて数式の挿入を追加して,
Alt + (クイックアクセスツールバーの左から数えた時の数)
をショートカットキーとするという手段があります.しかしこの方法はカスタマイズした環境でしか通用せず,スマートではありません.

もっとスマートな解決策

実は,数式のショートカットキーは別に存在していたようで,
Alt + ;(セミコロン)
で挿入できるようです.また,当然文字を選択していればそこを数式に変換することも可能です.
適当に入力しまくって発見したショートカットキーで,ググってもあまり出てこないようなのでPowerPointのバージョンがいつの時から使えるようになったのかよくわかりません.当方は2013で発見し,一応他人のPowerPoint 2013でも動作することを確認しました.

2016/10/11追記
US配列では
Alt + =
で挿入できるようです.Shiftを押すと+を入力できるキーに割り当てられている??

終わりに

MSさん,なぜWordと同じショートカットキーにしなかったんですか