JavaScript
備忘録
静的サイトジェネレーター
Hexo


はじめに

Hexoでポートフォリオサイトを作っているのですが、毎回コマンドやら設定やらを忘れるので、メモ程度に残しておきます。


Hexoとは

Jekyllみたいな静的サイトジェネレータ

Node.js製なので、すべてJsで完結する。

中国人利用者が多いイメージ


基本操作


サーバーを立ち上げる

$ hexo server(s)


記事を作成

hexo new(n) [layout] "marumaru"

layout
説明

post
記事

page
固定ページ

draft
下書き


ブログの静的ファイルをpublicフォルダに生成する

$ hexo generate(g)


デプロイ

$ hexo deploy(d)


静的ファイルの生成とdeploy一気にやる

$ hexo deploy -g


投稿の削除方法

コマンドでは削除不可能


  • source/_postファイル内の削除したい投稿を削除する

  • キャッシュファイル(db.json)とpublicファイルを削除。

$ hexo clean


  • ブログの静的ファイルをpublicフォルダに生成する

$ hexo generate


  • deploy

$ hexo deploy


Markdownのヘッダに記載するメタ情報について(Front-matter)

こういうの

---

title: marumaru
date: 2015-08-01 00:00:00
tags: works
toc: true
photos : marumaru.png
---

setting
説明

title
タイトル

date
作った日にち

tags
タグ

photos
トップページに画像を出したいときに使う

くわしくは…公式リファレンス


toc

目次のありなしを設定する。

たぶんhexo-tocを入れないと使えないとおもう…忘れました


Githubでバックアップとりながら、GithubPagesにdeployする

masterブランチでプロジェクト全体を管理しながら、gh-pagesブランチにdeployする


  • 普通にプロジェクト全体をgit管理する

  • コミットする

  • Githubでリモートリポジトリを作成しgit remote add origin marumaru.gitでリポジトリを追加する

  • プッシュする


  • _config.ymlを書き換える


deploy:

type: git
repo: git@github.com:fogefoge/fogefoge.git #originのリモートリポジトリ
branch: gh-pages #ここ
message: update


  • そのままhexo deployするとgh-pagesブランチがローカルでもリモートでも作られる


参考文献