Help us understand the problem. What is going on with this article?

OpenStreetMap Community Guideline: Collective Database Guideline参考訳

More than 3 years have passed since last update.

これはOpenStreetMap Community Guideline: Collective Database Guidelineの翻訳です。ライセンスは原文と同様、Creative Commons Attribution-Sharealike 2.0です。
また、この訳はあくまで参考訳です。OSMFあるいはその他の団体の承認を受けたものではなく、あくまで @nyampire が私的に翻訳しているものである点に留意ください。

Background / 背景

Many users of OSM data are seeking clarity about the share-alike implications of the ODbL when using OSM data together with non-OSM data. The ODbL defines two ways in which non-OSM data can be used with OSM data in a database: Derivative Databases, which can trigger share-alike with respect to the non-OSM data if the Derivative Database is Publicly Used; and Collective Databases, where share-alike only applies to the parts containing or derived from OSM-data.

OSMデータを利用する多くのユーザは、OSMデータと非OSMデータを同時に利用する際に発生する、ODbLの継承条件 (share-alike) の適用条件について明確化を望んでいます。ODbLでは、1つのデータベースの中でOSMデータと非OSMデータを利用するにあたって、2つの方法を定めています。1つは派生データベース(Derivative Database, 二次データベース)という、派生データベースが公開利用される際に非OSMデータを対象として継承条件が適用される方法。もう一つは集合データベース(Collective Database)と呼ばれる、OSMデータ由来の派生あるいはOSMデータを含む部分のみに対して継承条件が適用される方法です。

A Collective Database is defined by the ODbL as a database consisting of a collection of “independent” databases. This Guideline clarifies that so long as a particular data type within a database consists entirely of non-OSM data within a regional cut, the OSM and non-OSM datasets will be considered “independent” and thus, the combination will be considered a Collective Database rather than a Derivative Database.

ODbLにおける集合データベースとは、"独立した"データベースの集合によって成り立っていると定義されています。このガイドラインでは、地域分割(Regional Cut)を行うケースにおいて、完全に非OSMデータから構成される1つのデータベースの内部に特定のデータタイプが格納されている限りにおいて、OSMデータセットと非OSMデータセットが"独立"していると考えられ、この同時利用用途が派生データベースではなく、集合データベースとして考えれられるということを明確化します。

This does not imply, as with all community guidelines, that the situations described are the only ways in which data can be combined without invoking share-alike, just that these are approaches we consider to be in line with the goals of the project.

これは他のコミュニティガイドラインと同様、適用される状況はあくまでも継承条件を適用することなくデータを結合させることのできる方法を示すものであり、プロジェクトの目的に沿っていると考えられるアプローチは他にも存在するものです。

You may also wish to consult the Regional Cuts - Guideline and Horizontal Layers - Guideline, which also help clarify the scope of the share-alike obligation.

また、地域分割ガイドラインと水平方向レイヤガイドラインでは、継承条件の強制に関するスコープの明確化についてより詳しい内容が述べられています。

The Guideline / ガイドライン

An OSM dataset and a non-OSM dataset combined in a single database will be considered independent (and thus form a Collective Database rather than a Derivative Database) so long as the data used for a particular data type is either all OSM or all non-OSM within the same regional cut.

1つのデータベースの中でOSMデータセットと非OSMデータセットが扱われる場合、同一の地域分割データ内において特定のデータタイプのすべてがOSMデータ、あるいはすべてが非OSMデータから構成される限りにおいて、それぞれが独立(つまり、派生データベースではなく集合データベースを形成)するものであると考えられます。

Thus, an OSM dataset used in combination with a non-OSM dataset will be considered a Collective Database, and will not trigger share-alike when:

すなわち、例えば以下のようにOSMデータセットが非OSMデータセットと組み合わせて利用される場合、集合データベースとして考えられ、継承条件は適用されません。

  • the non-OSM and OSM datasets do not reference each other; or
  • non-OSM data completely replaces a particular type of geometry or data for a primary feature within a regional cut (e.g., non-OSM highway data replaces all OSM highway=motorway feature data in a regional cut); or
  • the non-OSM data adds a particular type of geometry or data for a primary feature that was not already present within a regional cut, and the added feature data includes no OSM data; or
  • a non-OSM database replaces or adds a property of a primary feature, and uses either all OSM data or no OSM data for that property of that primary feature within the same regional cut (e.g., the URL property of the amenity=cafe primary feature is replaced by reference, using either all OSM data or no OSM data for the replacement URLs); or
  • a combination of the above.
  • OSMデータセットと非OSMデータセットがお互いを参照していない、あるいは
  • 特定の地域分割対象域において、非OSMデータが、ある特定の主要地物のジオメトリやデータと完全に差し替えられている場合(例:地域分割の中で、非OSMの道路データがOSMのhighway=motorway地物データと差し替えられている)、あるいは
  • 特定の地域分割対象域において、非OSMデータが、ある特定タイプの主要地物のジオメトリやデータとして追加されており、なおかつ追加されるデータがOSMデータを含まない場合、あるいは
  • 特定の地域分割対象域において、非OSMデータベースが主要な地物のプロパティが差し替え、あるいは追加され、さらに対象の地物のプロパティにおいて、全てOSMデータ、あるいは全て非OSMデータのみから成り立っている場合(例:amenity=cafeという主要な地物のURLプロパティが参照により差し替えられ、差し替えられた後のデータとして全てOSMあるいは非OSMデータが利用されている場合)、あるいは
  • 上記の組み合わせ

For the purpose of this guideline / 本ガイドラインの目的

Technically a reference between non-OSM and OSM data can be by a database key or any other method of identifying a specific OSM or non-OSM element that may be used with a database join.

技術的な観点で、OSMデータと非OSMデータの間の参照は、データベースのキーあるいは特定のOSMあるいは非OSM要素を特定する何らかのメソッドによって、データベースの結合を行うことによって可能です。

Technical implementations that are functionally equivalent to a reference but facilitate performance improvements -- for example joining two databases together by a key for purposes of a production database -- are equivalent to a reference.

参照とパフォーマンス向上施策の技術的な実装は、機能的には同一です。例えば、製品用データベースを作成する目的で、2つのデータベースを1つのキーで結合することは、参照することと同一です。

“Primary feature” means data from a key value pair, or combination thereof, but not inclusive of properties (e.g. colour, brand, operator, or width). For purposes of illustration, you may reference http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Map_Features#Primary_features.

"主要地物"とは、単一のキーと値のペアから成るデータ、あるいはそれらの組み合わせを意味しますが、プロパティ(例:colour、brand、operator、widthなど)までは含みません。より詳しい情報は http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Map_Features#Primary_features を参照してください。

Two data sets need not be physically separated to qualify as “independent” for purposes of the definition of a Collective Database.

集合データベースの定義を満たすにあたり、2つのデータセットを"独立"状態にするために、物理的な分割を行う必要はありません。

Examples / 例

You collect restaurant names and associated phone numbers. This data is linked to OSM data by references that associate the OSM restaurant names to your phone numbers so that your restaurant phone numbers will appear on an OSM-based map. All the restaurant phone numbers for the regional cut are provided by you (i.e., the restaurant phone numbers include no OSM data). Your phone numbers are not subject to share-alike.

あなたはレストランと、その電話番号を持っています。このデータはOSMのレストラン名称とあなたの電話番号が関連付けられる形でOSMデータにリンクされており、OSM背景の地図上に、あなたが集めたレストランの電話番号が表示されます。すべてのレストランの電話番号はあなたが所有しているデータ(つまり、レストランの電話番号にOSMデータは含まれていない)を使った地域分割となります。あなたの電話番号データは継承条件の対象にはなりません。

You generate traffic data from in-car GPS information and store and use the location information from your traffic data in a database that also contains OSM data. You use your location and traffic information to categorize roads to optimize routes produced in your routing application. Your location and traffic information is not subject to share-alike.

あなたは車載GPS情報を生成しており、あなたのトラフィックデータから位置情報を格納し、利用しています。格納しているデータには、OSMデータも含まれています。あなたは自身の位置情報とトラフィックデータを使い、道路のカテゴライズを行い、経路探索アプリケーションの結果を最適化します。あなたの位置情報とトラフィックデータは、継承条件の対象とはなりません。

You have a proprietary list of restaurants for a country. You would like to complement your list with the corresponding data from OpenStreetMap removing any duplicate objects in the process. The resulting, combined database would not be covered by this guideline and you would, if the dataset is publicly used, have to consider that your proprietary data may be subject to the ODbL share-alike terms.

あなたは1つの国を対象としたプロプライエタリなレストランのリストを持っています。あなたは自身のリストを補完するべく、OpenStreetMapのデータを利用し、重複したデータを削除してデータの特定を行いました。この作業の成果物はこのガイドラインで示される領域の対象外であり、そのデータセットを公開して利用する場合は、あなたが持っているプロプライエタリなデータをODbLの継承条件の対象とすることを検討しなくてはいけません。

nyampire
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away