Help us understand the problem. What is going on with this article?

[バッドノウハウ]angular-cliのテンプレートファイルを書き換える

More than 1 year has passed since last update.

angular-cliで作成されるテンプレートが気に入らないという声がありました。シングルクォーテーションが嫌だとか、ここの空白が気に入らないなど。私は長いものに巻かれる主義なので基本的には作成されたテンプレートで作りますが、こだわりの強い人のためにテンプレートを変更する方法を考えました。

準備

  1. angular-cliをプロジェクトにインストールする。バージョンによってフォルダ構成が変わる可能性があるのでバージョンは固定で入れる。

    npm install @angular/cli@1.0.0-beta.32.3  —save-dev
    
  2. ファイルコピペするためのプラグインをインストールする。

    npm install cpx —save-dev
    
  3. テンプレを任意のディレクトリ(ここではcli-template)にコピーする

    cp -r ./node_modules/@angular/cli/blueprints cli-template      
    
  4. cli-template内のテンプレを自分の好きなテンプレートに書き換える。

  5. package.jsonファイルのscriptsに次のコマンドを追加する。postinstallコマンドは、npm installコマンドが実行された後に実行されるコマンドで、node_modules以下のテンプレートフォルダをcli-templateフォルダで上書きするコードです。

    package.json
    "scripts": {
    "ng": "ng",
    "postinstall": "cpx 'cli-template/**/*.*' node_modules/@angular/cli/blueprints"
    },
    ...略...
    

その後

ngコマンドを使うときはnpm scripts経由で実行します。

npm run ng g component piyopiyo    

あとがき

こだわりを持つことも大事ですが、バージョンの変更で構成が変わったりがありますし、チームへの周知も必須です。危険なので出来る限りやめた方が良いです。

参考

Angular-CLIチートシート#独自のテンプレートで出力したいとき - Qiita

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした