Help us understand the problem. What is going on with this article?

dockerのメトリクスをfluentdで収集してみる

More than 5 years have passed since last update.

概要

dd-agentのようにコンテナ動かしたら、ホストのメトリクス収集してくれる感じのものが欲しかったので、fluentdのプラグインを使って専用コンテナのイメージを作った。コンテナを動かすだけでホスト上のDockerコンテナのメトリクスを収集してfluentdのサーバに送ってくれる。これができるとkibanaやその他のツールを使ってdockerのメトリクスが簡単に見れて嬉しいはず。

使い方 (同一ホスト上にfluentdのサーバが動いている場合)

Step 1. クローンして頂いて

$git clone https://github.com/nyamage/docker-metrics-agent.git

Step 2. イメージ作って頂いて

$cd docker-metrics-agent
$docker build -t <お好きなタグ名>

Step 3. コンテナ起動!!

$docker run -it --link=<fluentdのサーバが動いているコンテナの名前>:log_server --rm --name=docker_agent -v /sys/fs/cgroup:/mysys/fs/cgroup -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock <上で付けたタグ名>

これで定期的にDockerのメトリクスがfluentdサーバに送られるはず。

別ホスト上にあるfluentdサーバに送る場合

fluentd/fluent.confファイル内のserverディレクティブを編集して頂いて、
hostの先に送る先のfulentdのホスト名なりIPかけばいけるはず。
その際はdokcer run時にlinkオプションいらないです。

<match docker.**>
  type forward
  <server>
    host log_server
  </server>
</match>

参考URL

docker-metrics-agent
https://github.com/nyamage/docker-metrics-agent

fluent-plugin-docker-metrics
https://github.com/kiyoto/fluent-plugin-docker-metrics

Runtime Metrics
https://docs.docker.com/articles/runmetrics/

nyamage
Docker, Ruby, Swiftは趣味で触ってるだけです。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away