Help us understand the problem. What is going on with this article?

Selenium Gridの環境を作ってみた

More than 1 year has passed since last update.

ラクス Advent Calender 2018の14日目です。
久しぶりにSeleniumGridを使って、Seleniumのテストコードを実行する環境周りを触る機会がありましたので、起動方法とかを書いていこうかと思います。

SeleniumGridとは

  • 複数のSeleniumの実行環境を管理し、並列にテストを実行できるツール
  • 「Hub」と呼ばれるテストスクリプトを受け付けるサーバーと「Node」と呼ばれる実際にテストを実行する環境で構成されている

イメージとしては下記の通りです。
キャプチャ1.png

SeleniumGridの起動

Selenium Grid(Hub)の起動

  • 必要なソフトウェア
    • Seleniumサイトからselenium-server-standalone.jar をインストール
    • JDKをインストール
  • 起動方法
    • java -jar selenium-server-standalone.jar -role hub

http://[Selenium Grid ServerのIPアドレス]:4444/grid/console にアクセスするとコンソール画面が表示されるようになる

Grid_Console.png

Selenium Grid(Node)の起動

  • 必要なソフトウェア
    • Hubと同様にselenium-server-standalone.jarJDKをインストール
    • テストで使用するブラウザ
    • 動かすブラウザのWebDriverをインストール(例としてGoogle Chromeは、ここから)
  • 起動方法
    • java -Dwebdriver.chrome.driver=/path/to/chromedriver.exe -jar selenium-server-standalone.jar

起動すると、Hubのコンソール画面に接続したNodeの情報が表示されるようになります。

Grid_Console 2.png

Nodeのマシンでテストコードを動かすためには、RemoteWebDriverを使う必要がありますが、そこは次回で。。

まとめ

テストを実行する環境を別にすることで、環境依存で発生するエラーが起きにくいのと、テストする内容によってNodeマシンを追加・設定すれば良いだけなので管理も楽になると感じました。

次はテストを並行で実行できるようにSelenium Gridの設定周りを試してみようかと思います。
(Dockerとかを使ってNodeを増やして、テストにかかる時間を短縮とかも)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした