Edited at

arduinoでLCDを利用する方法

More than 1 year has passed since last update.

arduinoを使って,LCDキャラクタディスプレイモジュールに出力方法を説明します.


モジュールについて

今回使用するモジュールは,HD44780互換のSC1602BS-B(-XA-GB-K)を使います.

秋月電子へのリンク


バックライトの有効化

LCDモジュールの裏面にバックライトのアノードとカソードがあります.

出荷時のままですと,ここが接続されていないため,バックライトが点灯しません.

付属の抵抗を,カソードに配線します.

次に,アノードのJ3をショートさせます.


回路図



LCDの2番と5番をジャンパします.

今回は,8bitモードを使用しないので,7から10番は使用しません.

可変抵抗器を加える事で,LCDの輝度を変えることができます.


コード

#define RS_PIN 8

#define E_PIN 9
#define DB4_PIN 10
#define DB5_PIN 11
#define DB6_PIN 12
#define DB7_PIN 13
#include <LiquidCrystal.h>;

LiquidCrystal lcd(E_PIN, RS_PIN, DB4_PIN, DB5_PIN, DB6_PIN, DB7_PIN);

void setup() {
lcd.begin(16, 2);
lcd.print("hello, world!");
}

void loop() {
lcd.setCursor(0, 1);
lcd.print(millis()/1000);
}

RS(制御線)ラインとE(制御線)ラインを逆にしてしまうと表示されません.



ご覧の用に表示することができます.

可変抵抗器の値は,235~246くらいがきれいに表示されますね.


参考文献

参考文献