Posted at

[Blender] スクリプト内部で自作の機能にショートカットキーを割り当てる

More than 3 years have passed since last update.

Blenderの機能やアドオンにはショートカットキーを割り当てて、頻繁に使う機能を素早く実行できるようにしているものがあります。

個人で作成するアドオンでもBlenderの機能と同様、機能にショートカットキーを割り当てることができます。

例えば、キーボードやマウスで押したキーを画面に表示するアドオン「Screencast Key」はその一例ですね。

この記事では、割り当てたショートキーを押した時に選択されたオブジェクトの拡大・縮小を行うサンプルをもとに、自作の機能にショートカットキーを割り当てる方法を紹介します。

※ ちなみに、 bpy.types.Operatorbl_idname さえ分かってしまえば、自作の機能に限らず既存の機能にもショートカットキーを割り当てることが出来ます。


サンプル


shortcut_key.py


import bpy

bl_info = {
"name": "Tutorial: Shortcut key",
"author": "Nutti",
"version": (1, 0),
"blender": (2, 74, 0),
"location": "Object > Tutorial: Shortcut key",
"description": "Tutorial: Shortcut key.",
"warning": "",
"support": "COMMUNITY",
"wiki_url": "",
"tracker_url": "",
"category": "Object"
}

addon_keymaps = [] # 登録したショートカットキーの一覧

class ObjectScaleUp(bpy.types.Operator):
"""選択されたオブジェクトを拡大"""

bl_idname = "object_transform.object_scale_up"
bl_label = "Scale Up Object"
bl_description = "Scale up selected object"
bl_options = {'REGISTER', 'UNDO'}

def execute(self, context):
active_obj = context.active_object
active_obj.scale = active_obj.scale * 2.0 # 選択されたオブジェクトを2倍に拡大
return {'FINISHED'}

class ObjectScaleDown(bpy.types.Operator):
"""選択されたオブジェクトを縮小"""

bl_idname = "object_transform.object_scale_down"
bl_label = "Scale Down Object"
bl_description = "Scale down selected object"
bl_options = {'REGISTER', 'UNDO'}

def execute(self, context):
active_obj = context.active_object
active_obj.scale = active_obj.scale / 2.0 # 選択されたオブジェクトを1/2に縮小
return {'FINISHED'}

def register():
bpy.utils.register_module(__name__)
wm = bpy.context.window_manager
kc = wm.keyconfigs.addon
# 登録するショートカットキーのリストを作成
# (キーが押されたときに実行する bpy.types.Operator のbl_idname, キー, イベント, Ctrlキー, Altキー, Shiftキー)
key_assign_list = [
(ObjectScaleUp.bl_idname, "U", "PRESS", True, True, False),
(ObjectScaleDown.bl_idname, "D", "PRESS", True, True, False),
]
if kc:
km = kc.keymaps.new(name="3D View", space_type="VIEW_3D") # 「View3D」のショートカットキーとして登録
for (idname, key, event, ctrl, alt, shift) in key_assign_list:
kmi = km.keymap_items.new(
idname, key, event, ctrl=ctrl, alt=alt, shift=shift) # ショートカットキーの登録
addon_keymaps.append((km, kmi))

def unregister():
bpy.utils.unregister_module(__name__)
for km, kmi in addon_keymaps:
km.keymap_items.remove(kmi) # ショートカットキーの登録解除
addon_keymaps.clear()

if __name__ == "__main__":
register()



使い方



  1. Blender Wikiページを参考にスクリプトをインストールします。

  2. 拡大・縮小するオブジェクトを選択します。


  3. Ctrl + Alt + U を同時に押して、選択されたオブジェクトが拡大されたことを確認します。


  4. Ctrl + Alt + D を同時に押して、選択されたオブジェクトが縮小されたことを確認します。


サンプルの解説

Blenderスクリプトの基本的な解説は以下の記事で紹介しているので、ここでは新しく追加された要素の解説に絞ります。

[Blender] Blenderプラグインの作り方


ショートカットキーの登録

スクリプトのインストール時にショートカットキーを登録します。

ショートカットキーを登録する前に、 bpy.context.window_manager.eyconfigs.addon.keymaps.new 関数でショートカットキーを割り当てる領域のキーマップを取得し、 km に代入します。

今回は「View3D」領域に対してキーマップを割り当てるので、引数 space_typeView_3D を設定しています。

km.keymap_items.new に渡す引数は、 key_assign_list に対して事前に登録しています。

for (idname, key, event, ctrl, alt, shift) in key_assign_list: により key_assign_listを展開してから、km.keymap_items.new 関数を用いて、ショートカットキーを登録します。

、for文の各変数の意味を以下に示します。

変数
意味

bl_idname
ショートカットキーが押されたときに実行するイベント(bpy.types.Operatorbl_idname

key
登録するキーボードのキー

event
イベントを実行する契機
(ex. "PRESS": キーが押された瞬間)

ctrl
イベントを発生させる際に、Ctrlキーの同時押しが必要な場合はTrue

alt
イベントを発生させる際に、Altキーの同時押しが必要な場合はTrue

shift
イベントを発生させる際に、Shiftキーの同時押しが必要な場合はTrue

他にも引数を指定できるようですが、基本的に上記だけで覚えておけば問題ないでしょう。

具体的な引数を知りたい方は、以下のURLから確認してください。

http://www.blender.org/api/blender_python_api_2_63_14/bpy.types.KeyMapItems.html

最後にショートカットキーを登録解除する場合に備え、グローバル変数である addon_keymaps に登録情報を保存します。

ちなみに、Blenderでは既にたくさんの機能にショートカットキーが割当たっているので、単一のキーの中から何も割当たっていないキーを探すのが意外と大変です。

そのような時は、 CtrlやShift、Altとの組み合わせ にも目を向けてみましょう。

組み合わせのキーは単一のキーに比べてすでに割り当てられている場合が少ないので、割と簡単に空いているキーを見つけることができると思います。

    wm = bpy.context.window_manager

kc = wm.keyconfigs.addon
# 登録するショートカットキーのリストを作成
# (キーが押されたときに実行する bpy.types.Operator のbl_idname, キー, イベント, Ctrlキー, Altキー, Shiftキー)
key_assign_list = [
(ObjectScaleUp.bl_idname, "U", "PRESS", True, True, False),
(ObjectScaleDown.bl_idname, "D", "PRESS", True, True, False),
]
if kc:
km = kc.keymaps.new(name="3D View", space_type="VIEW_3D") # 「View3D」のショートカットキーとして登録
for (idname, key, event, ctrl, alt, shift) in key_assign_list:
kmi = km.keymap_items.new(
idname, key, event, ctrl=ctrl, alt=alt, shift=shift) # ショートカットキーの登録
addon_keymaps.append((km, kmi))


ショートカットキーの登録解除

スクリプトのアンインストール時にはショートカットキーの登録を解除する必要があります。

ショートカットキーの登録を解除するため、 addon_keymaps に保存しておいた情報を用いて、 keymap_items.remove() を呼びます。

    for km, kmi in addon_keymaps:

km.keymap_items.remove(kmi) # ショートカットキーの登録解除
addon_keymaps.clear()